27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、外国人の目には中国は世界で最も安全なところに映っているとする記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の警察。

写真拡大

2017年5月27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、外国人の目には中国は世界で最も安全なところに映っているとする記事が掲載された。

記事は、最近欧米各地でテロ事件が頻発していると指摘。そんな中、多くの外国人が中国は非常に安全な国だとの印象を持つようになっているという。

記事では実際の外国人の声を紹介。「中国はとても安全」(クロアチア・女性)、「中国は非常に安全な国だと思う」(ドイツ・男性)、「中国は世界で最も安全な国の1つだと思う」(英国・女性)と述べているという。

理由については、「中国には多くの監視カメラがある。警察を見るだけで安心できる」「中国は大きいが秩序正しく、警察官も多い。道行く人は笑顔で友好的で、攻撃性がない」「中国では普通の人が銃を持つことが禁止されている。中国人も口げんかはするが道で殴り合いをすることはほとんどない」などの意見があったという。

これに対し、中国のネットユーザーからも「相対的に言って中国は非常に安全な国だ。テロ事件なんてほとんど発生しないのだから」「外国に行けば分かるが、夜中の12時に街をぶらつけるところはいくつもない。でも中国では12時のナイトマーケットが最もにぎわっている」との意見もあり、中国人自身も中国は世界の中では安全な国だと感じているようである。(翻訳・編集/山中)