「月と雷」劇中カット (C)2012 角田光代/中央公論新社
(C)2017「月と雷」製作委員会

写真拡大

 初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の予告編が完成。あわせて、場面カットがお披露目された。初音扮する主人公・泰子はまったく笑顔を見せておらず、その複雑な心境をうかがわせている。

 映画は幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子の前に、亡き父の愛人である直子(草刈民代)の息子・智(高良)が現れ、穏やかな生活が変わっていくさまを描く。安藤尋監督が、「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を映像化した。

 このほど公開された映像は、過去を忘れ平凡に生きようとする泰子の前に、智が現れるシーンからスタート。無邪気に笑う智は、怪訝な表情を浮かべる泰子の頬にキスをしたり、半裸で添い寝したりと自由に振舞う。泰子は、直子や異父妹を訪ねることで現実に向き合い、苦しむが、同時に智と2人だからこそ手に入れられる“普通の生活”を模索していく。

 「月と雷」は、初音、高良、草刈と藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木場勝己が共演している。10月7日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。