shimajiro@mobiler

NTTドコモが5月24日より提供している家族間のみの通話定額ながら月額980円(税別)で使える新料金プラン「シンプルプラン」での新規契約や、シンプルプランへのプラン変更時に「月々サポート」および「端末購入サポート」の適用対象外となるケースをまとめて紹介したいと思う。

最初にざっくりとした説明をしておくと、シンプルプランは、Xi対応のスマートフォンおよびケータイ向けのプランとなっており、それ以外の機種(タブレットやモバイルWi-Fiルーターなど)をシンプルプランで契約する場合や料金プラン変更を行うと、月々サポートや端末購入サポートの対象外となる。

【“タブレットやデータ通信端末+シンプルプラン”は端末購入サポート対象外】

端末購入時に本体代を大幅割引する端末購入サポートは、スマホやケータイ、タブレット、データ通信端末(ルーターやUSBドングル)のカテゴリー別に対象となる基本プランが指定されており、タブレットおよびデータ通信端末の購入時は、シンプルプランを選ぶと端末購入サポートが適用されない。


端末購入サポート適用条件。公式Webページ「端末購入サポート | キャンペーン | NTTドコモ」より

また、端末購入サポートを適用中のタブレットやモバイルWi-Fiルーターの料金プランをシンプルプランに変更すると、端末購入サポートによる割引額の半額が違約金として発生する。


対象外の基本プランに変更すると違約金の発生対象に

【“データ通信端末+シンプルプラン”は月々サポート対象外】

さらにモバイルWi-Fiルーターなどのデータ通信端末に関しては、料金プランをシンプルプランにすると、毎月の利用料から割り引く月々サポートの適用対象外となる。なお、端末購入サポートでは対象外となったタブレット+シンプルプランに関しては月々サポート対象となる。

月々サポートが適用される条件(2015年9月1日以降の端末購入)は以下の通り。


月々サポート適用条件。公式Webページ「月々サポート | 料金・割引 | NTTドコモ」より

ただし、データ通信端末向けの「データプラン(ルーター)」の月額料金は1,200円(2年契約時)となっているため、シンプルプランと比較しても料金はそれほど変わらない。

【シンプルプランのSIMカードをタブレットやデータ通信端末で使うと?】

これまで紹介したのは、タブレットやモバイルWi-Fiルーターを購入時または購入後にシンプルプランを契約するとどうなるのかという点だ。

これとは別に、Xi対応スマホやケータイなどを購入した回線をシンプルプランに契約変更し、実際に使用する端末をNTTドコモのタブレットやモバイルWi-Fiルーターにした場合に関しては、使用する端末によって月々サポートや端末購入サポートが解除されることはない。

ただし、これらのケースではすでに紹介しているように追加料金として「指定外デバイス利用料」が設定されており、シンプルプランの月額料金と指定外デバイス利用料の合計金額がそれぞれのデバイス向けのデータプランと同じ金額となるために「本来そのデバイス向けに提供されているプランより安く使える」という抜け穴的な使い方はできない。


「指定外デバイス利用料」一覧。公式Webページ「-提供条件書「基本プラン」-(PDF)」より


・シンプルプランで契約したSIMカードをNTTドコモのタブレットで使う場合の月額料金
シンプルプラン:980円/月 (2年契約時)
指定外デバイス利用料:720円/月
--------------------
合計金額:1,700円=データプラン(タブ)の料金と同額
※spモードや各種シェアパックの料金などは考慮しない

まとめ:シンプルプランはNTTドコモのXiスマホ・ケータイ向けプラン】これまで紹介した内容をひとことで言えば、「シンプルプランは、NTTドコモのXiスマートフォンやケータイ向けのプラン」であって、それ以外の機種での利用に関しては月額料金の上乗せ(指定外デバイス利用料)されたり、端末購入サポートや月々サポートが適用されなくなる点には注意が必要だ。



記事執筆:shimajiro@mobiler


■shimajiro@mobiler
■シンプルプラン契約時に端末購入サポート・月々サポート対象外となるパターンのまとめ

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・シンプルプラン 関連記事一覧 - S-MAX