大学入試の最中、なぜ受験生はスマートフォンを見てはいけないんでしょうか?

 5月20日、姫路城で開かれた将棋ソフトとプロ棋士の対戦「電王戦二番勝負」第2局では、現役のタイトルホルダー・佐藤天彦名人(29)が将棋ソフト「PONANZA」に敗退。

 すでに1兆局を超えるシミュレーションでライブラリを充実させた将棋ソフトを、佐藤名人は率直に「いまのプロ棋士のレベルを超えているのでは」と感嘆させました(参照動画=https://www.youtube.com/watch?v=y3xaWXudI2Q)。

 第2手から「4二玉」という、従来棋界の常識では考えられない手を選択、コンピュータ―のすることですから勝算のないことはするわけがなく、従来の将棋の領域を大きく超える可能性が開かれる予感、といったコメントも出てきつつあるようです。

 これにすぐ続けて5月22日、中国では囲碁の名人とAIとの真剣3番勝負が行われ、米グーグルが開発している囲碁ソフト「AlphaGo」が柯潔九段(19)を第1局(参照動画=https://www.youtube.com/watch?v=3TlhWCdkZEM&t=4s)、第2局(参照動画=https://www.youtube.com/watch?v=6vtuoMfdmjE&t=910s)、第3局(参照動画=https://www.youtube.com/watch?v=c-Mc-60q_24)と連続して破るさまがリアルタイムで報じられました。

 AIと人間界名人との頭脳ゲームでの真剣勝負、現役タイトルホルダーとの対局がセッティングされ人間が敗れるというのが、2017年5月時点で、ある最前線を形成している様子です。

 さて、そんな状況の中で再び問いましょう。大学入試の最中、なぜ受験生はスマートフォンを見てはいけないのでしょうか?

 「そんなの当たり前だろ! カンニングになる」

 なるほど、確かにそうかもしれません。でも、実際に大学合格した暁には、単位の多くはリポートで発給されますから、スマホどころか、インターネットを駆使して情報を集めて勉強するのではないですか?

 「・・・」

 それだったら、入試時点でも、全員平等に「スマホを使ってよろしい」として試験を実施したってよさそうなものです。部分的には人間よりはるかに優れた能力をもつシステムを、大学入学後は駆使して研究や仕事をするんだから・・・。

 「・・・・・・・」

 こんな問答を仕かけられたら、皆さんならどのように答えますか?

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「将棋ソフト不正利用問題」

 先ほどの2つの話題の谷間にあたる5月24日、日本将棋連盟は三浦弘行九段に将棋ソフトを不正利用した疑惑をかけて、公式戦への出場を一時停止した問題について、三浦九段に慰謝料を支払うことで双方が合意した、との報道がありました。

 プロ棋士が公式戦において、将棋ソフトを用いた疑惑をかけられ、不正として告発され、結果的にそのような事実が確認されず、冤罪相当の事案となって慰謝料で和解、という顛末と思いますが、改めてここで問うてみましょう。

 なぜプロ棋士は将棋ソフトを使ってはいけないのか?

 「・・・そんなの当たり前やんけ」

 と言葉に詰まる人が多いかもしれません。でもあえて問いましょう。どうしてコンピュータ―を併用して将棋を指すという行為が禁止されねばならないのか?

 対照物としてF1などのカーレースを考えてみると面白いと思います。

 カーレースは、その都度の勝敗と同時に記録そのものも後援している車のメーカーとしては重要ですから、チームとして総力を挙げて車をチューンアップし、歴史と競うようにして戦いの火花を散らします。

 同様に、プロ棋士の大きなタイトルというのは、トップとトップの戦いであるはず。両陣営ともにコンピュータ―で武装して、なぜ戦うことにしてはいけないのか?

 こんなふうに問われると、本質的な答は出しにくいのではないでしょうか?

 まあ、確かに現行のルールでは、棋士が頭で勝負して勝ったり負けたりするのが棋士の世界と言うべきでしょう。

 しかし、AIの社会応用がこれだけ取り沙汰されるなか、「電子頭脳が人間に勝った」「コンピュータ―より人間の方が劣る」式の口調で、こうした案件を安直に扱ってよいものか、私は率直に疑問に思わざるを得ません。

ソフト不正使用容疑の実際

 ここで今回の将棋連盟の事件を簡単に追ってみましょう。

 2016年の夏以降、三浦九段が対局中の離席が目立つ、という指摘があったそうです。7月26日の竜王戦本選決勝トーナメントでは42回、合計2時間40分に及ぶ離席があったとのこと。

 ここで、特に終盤における指し手を将棋ソフトと比較してみたところ、高率でコンピュータ―の指し筋と一致したため、「三浦九段が離席中にスマートフォンなどを用いてソフトを利用し、カンニングで戦略を検討して対局に臨んだのでは?」という疑惑が持たれたというものでした。

 しかし、この指し手の一致率が問題ではなく、プロ棋士なら離席のタイミングや指し筋の変化から、勘でカンニングが分かるのだ、といった、客観的な証拠によらず、思い込みの先行する「疑惑」で、三浦九段の不正が疑われた様子が見て取れます。

 しかし、この不正確な状況確認のまま将棋連盟は三浦九段の出場停止を決定、三浦九段は絶対に不正などしていないし、そもそも携帯に棋譜を解析可能なソフトなど入っていない」と全面的な冤罪を主張します。

 そこで将棋連盟は、元検事総長の但木敬一弁護士を委員長とする第三者委員会で調査を実施、三浦九段の行動の中に電子機器を使用した形跡はなく、またソフトとの一致率は不正の根拠とはなり得ないと報告。

 同時に、疑惑の風聞が高まっており、その状態のままでの三浦九段の竜王戦出場は混乱を招く恐れがあり、一時出場停止はやむを得なかった、との調査結果を提出します。

 この事態を受け、年明けの1月18日、日本将棋連盟の谷川浩司会長が辞任、トラブル処理のプロセスを経て今回の「慰謝料支払い」に落ち着いたものと思われます。

 この間、様々な動きが表面でも、また水面下でもあったのでしょうが、印象深く思われたのは、連盟臨時総会で理事3人の解任が決定した後、佐藤康光・新将棋連盟会長が次のようにコメントしたことでした。

 「会員の不満が大きかったという気がする」「正直(何が否定されたのか)分からない」

 どうも、よく分からない無定形のイライラがあって、それが今回の事件の発端ともなり、正体不明の「解決?」にも繋がっているらしい。

ドーピングと比較して

 プロ棋士は、まず何をおいても「将棋が強い」「勝つ」というのが、常人をして「すごい」と一目置かせる根拠と思います。

 しかし、今回の問題の背景には、「コンピュータ―を利用すればシステムが名人よりも強く勝ててしまう」という将棋のように形式言語で記述可能な競技の本質的な特色があるように思います。

 似て非なるものとして、オリンピック競技を考えて見ましょう。車やバイクは人間より速く動きます。しかし、マラソンや陸上競技が下火になることはない。

 人間の限界に挑戦するというスポーツの基本は揺るがないでしょう。しかし、各種の薬物を用いて体自体を変えてしまうドーピングは、国際的に「不正」として、それこそ違反者の選手生命を終わらせるほどの強さで取り締まられている。

 いま私たちはスマートフォンというどこにでも携帯可能な端末によって、ただ単に「勝つ」だけなら、アマチュアが竜王棋聖と対局しても、コンピュータ―の教える通りに打っていけば勝ててしまうテクノロジーを、既に社会全体で共有し始めている。

 そんな中で、今回の事件を誘発するようなフラストレーションが潜在的に蓄積し、爆発してしまったのではないか・・・。そのような気がしてならないのです。

 実際には、将棋というのは勝つだけのものではない。武道でもそうでしょう。

 古い話ですが、柔道の山下泰久がロサンゼルス五輪で金メダルを取ったとき、対戦したエジプトのラシュワン選手が山下の痛めている右足を狙わなかったとコメントし、国際的な美談となった事例などが思い出されます。

 従来であれば、あまりに天文学的な可能性のために実質的に不可能であった「あらゆる勝ち筋・負け筋のチェック」が、今日の計算機をもってすればそこそこの時間で可能になってしまう。

 将棋に限らず、ある種のゲームや競技は、ちょうど「写真技術」が登場したとき、職業の危機に直面した肖像画家たちと似たような岐路に立たされているのではないか?

 すなわち18世紀以前の地球には、どんな富裕な権力者でも、自らの肖像を長く残そうと思うなら、画家の力を借りねばならなかったわけです。

 ところが写真のようなテクノロジーが誕生してしまうと、絵筆など持ったことがない人が撮影しても、正確・写実というだけであればあらゆる名人上手が適わないほどのクオリティを、機械システムのアウトプットが実現してしまう。

 むしろ、莫大な指し手をシミュレートしている電子頭脳の指し手そのものを、人間が創造的に読み解いていくといった、新たな展開に、可能性があるのではないか?

 そんななか、感心したのが、電王戦第2局に三浦九段がサプライズ登場して、一般観戦者とともに盤面を解説した展開(参照動画=https://www.youtube.com/watch?v=n9nXbqUomZ0)でした。

 人とコンピュータ―が対立してどちらが強いか、と勝負させるというより、人が電子頭脳も援用しながら、さらに進んだ将棋の世界を楽しみながら深めていく、新たな可能性を見るように思われました。

 コンピューター将棋同士の対戦は「世界コンピュータ将棋選手権」が1990年代からすでに30年近い歴史を持っていますが、当初は「ロボコン」全国高等専門学校ロボットコンテンストのような競技性格だったのではないかと思います。プロ名人と対局というようなレベルではなかった。

 しかし、すでにいまや人間より強い可能性を指摘されているコンピューター将棋の対決という、何というか、すさまじい領域に進化してしまった。

 でも「コンピューター対コンピューター」あるいは「 人間対コンピューター」が取り沙汰されるわけで コンピューターを駆使しつつ人間も判断する、というような戦いは競技と扱われず、場合によっては「不正」を疑われたりする・・・。

 何とも過渡期的な状況と言わねばならないような気がします。

  将棋とコンピューターのイノベーティブな関係については、いま最も若い棋士世代、千田翔太六段のアプローチなど含め、続稿でも触れたいと思います。

 そんななかで、改めて冒頭と同じ質問をしてみましょう。スマートフォンで検索しながら受験するのは、絶対にいけないことなのでしょうか?

筆者:伊東 乾