高木彰人【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20日本代表は30日、U-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でU-20ベネズエラと対戦する。内山篤監督は、FW高木彰人の先発起用を示唆。本人も期待に応える準備はできているようだ。

 中3日のベネズエラに対し、日本は中2日。コンディション的には不利な状況だ。そういった事情もあり、前日練習では高木が先発起用される見通しとなっている。

 内山監督は練習後、高木先発の可能性を問われると「ご覧の通りですね。そんな気がします」と笑顔を浮かべ、実質的に同選手の先発起用を認めた。指揮官は「前線からの守備も含めて一番フレッシュ」な選手だと、攻守両面の活躍に期待している様子だ。

 初先発となる高木は「みんなよりも走ろうという気持ちはある。自分の持ち味である運動量などを出していきたい」と意欲。「ベネズエラの守備陣は前に蹴ってくるという情報がある。簡単に蹴らせたら、前線の選手がでかいし速いので、そこはコースを限定するとかできたら…」と、守備での貢献も誓った。

 このチームではサイドハーフとしての起用が多かった高木だが、今回は本職だ。「自分がサイドのときも、FWがどういう動きをしているかを見ながらやっていたので、そこはいけると思う」と、連係面に不安はない。

 高木の攻守における活躍に期待だ。

(取材:舩木渉【大田】、構成・文:編集部)

text by 編集部