初対面の人に会ったとき、外見から何となくその相手を判断しませんか?
「年齢はどのくらいか、どんな仕事なのか、頭は良さそうか、清潔なのか、どんな育ちなのか……」。実は、人間は相手からの自己紹介よりも、「自分が感じ取った全体の印象を信用する」ことが分かっています。
ビジネスでの服装は、ただの「おしゃれ」だけでなく、「まず自分の話を聞いてもらえるかどうか」に直結します。「服のことを知っているかどうか」は、仕事を左右するのです。
その上、スーツはアイテムが少ないので、覚えるべきことは実はそんなにありません。
5月25日に発売される『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』から、どんな場合でも、ビシッとスーツが着られるようになるルールについてお知らせします。

クーズビズでは、ホリゾンタルがかっこいい

ホリゾンタルという形を知っていますか? 
このシャツはクールビズで大変おしゃれに見えるので、ぜひおすすめします。
ホリゾンタルとは、襟がシャツの上のほうにつき、左右に大きく開いているのが特徴です。爽やかで上品です。

普通のシャツにネクタイをしないと、第一ボタンを外したときに、襟が折れてしまうことがあります。
しかしこのホリゾンタルなら、もともと襟が広がっている形なので、そんな心配がありません。

夏の暑い日にボタンをはずしても、ピシっとシャツは整ったままなのです。
ノーネクタイでお洒落に見える特別なシャツです。

サッカー選手が遠征にいくときによく着ていますね。
爽やかできちんとして見えるので、スポーツ選手にもぴったり。

ノーネクタイといえば、ボタンダウンを選択する人も多いですが、もともとボタンダウンは、イギリスでポロをする紳士が、襟が邪魔でボタンで止めてしまったところから始まったと言われています。
ボタンダウンは、実はカジュアルシャツなので、シャツとしてはおすすめできません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)