画像提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾の世界最大級コンピュータ見本市「COMPUTEX TAIPEI 2017」開催前日となる5月29日、ASUSは同社プレスイベントの冒頭で、「ASUS ZenBook Flip S」(以下Flip S)を発表した。

ASUS ZenBook Flip Sは、回転型の2in1 PCとして世界最薄をうたう。13.3型ディスプレイを搭載しながら、閉じた際の薄さは10.9mm。同じ回転型2in1 PC「HP Spectre x360」の13.9mm(※日本仕様モデル)はもちろん、MacBook(13.1mm)やZenBook 3(11.9mm)よりも薄い。

また、本体素材に航空宇宙グレードのアルミニウムを使用することで、堅牢性を確保すると共に、重量は1.1kgと、「HP Spectre x360」(1.31kg※日本仕様モデル)や「MacBook Air」(1.35kg)よりも軽くなっている(さすがに12インチの「MacBook」よりは重くなるが)。

デザインは世界的に定評のある「ZenBook」シリーズの特徴を踏襲。スピンメタル加工されたユニボディで、金色にダイヤモンドカットされている。「ZenBook 3」では、ダイヤモンドカットがディスプレイ側にあるが、「Flip S」では本体側のエッジにあるのが異なる点だ。ディスプレイを360度回転させるためのヒンジはコンパクトで、2万回以上の耐久テストをクリアしたという。

13.3型ディスプレイの解像度は4K UHD(3,840×2,160ドット)。左右のベゼル幅は6.11mmと狭く、スクリーンが占める割合は80%に達している。また、ユーザーインターフェイスには、フルファンクションのUSB Type-Cを2基搭載。45Wの電源供給、5GBのデータ転送、4Kディスプレイの2台同時接続に対応している。バッテリ駆動時間は、最大11.5時間で、49分で容量の60%を充電できる高速充電をサポートする。

認証機能は指紋センサーを本体の側面に搭載しており、Windows Hello経由でのワンタッチログインが可能。また、ペン入力は1024段階の筆圧に対応し、ASUS PENとWindows Inkが使用できる。

OSはWindows 10 Homeを搭載。CPUは最大でCore i7、メインメモリは最大16GB、SSDは最大1TBが選択可能。価格は1,099ドルから、発売は第3四半期を予定している。日本での取り扱いは未定。