今季のアラベス躍進の立役者、ペジェグリーノ監督が勇退 バルサを破る大金星も

写真拡大

▽アラベスは29日、マウリシオ・ペジェグリーノ監督(45)の辞任を発表した。

▽今シーズンいっぱいで契約満了を迎えるペジェグリーノ監督は、クラブとの契約延長を行わずにクラブを去るようだ。昨年7月にアラベスの監督に就任した同監督は、リーガエスパニョーラ第3節で、敵地カンプ・ノウでバルセロナを2-1で撃破するなど印象的なスタートを切った。

▽昇格組ながらリーグ戦を9位でフィニッシュさせ、さらにコパ・デル・レイでは決勝に進出。その決勝ではバルセロナ相手に1-3で敗れはしたものの、今季は大成功と言ってもいいほどの成績を収めた。

▽しかし、この度辞任を発表したペジェグリーノ監督は、本拠地メンディソローサで行われた記者会見で、以下のようなコメントを残した。

「私はここで監督をやれて本当に幸せだった。選手としてこのクラブを出てからずっと、戻ってくることを望んでいた」

「みんなが支えてくれたことに感謝したい。特に選手達。彼らは報われるべき成果を挙げたんだ。このチームは目的を達成し続けることが出来るチームだと自信を持って言えるよ」