Google Assistantの日本語版が順次提供開始!

Google Japan(以下、グーグル)は29日、都内にて「Google アシスタント 記者発表会」を開催し、Android搭載スマートフォン(スマホ)向けに「Google Assistant」の日本語版(以下、Google アシスタント)を2017年5月29日(月)より順次提供開始するとお知らせしています。

対象機種はAndroid 6.x(開発コード名:Marshmallow)およびAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)で、数週間かけてすべての対象機種で使えるようになるということです。

利用するにはホームボタンの長押し、または音声認識で起動するようになっている場合には同様に「OK, Google」と端末に向かって呼びかけると、これまで「Google Now」だったものが「Google アシスタント」になります。


Google アシスタントは、Googleが開発する人工知能(AI)や機械学習(ML)、音声認識などを利用したエージェントサービスで、知りたいことを調べたり、やりたいことをサポートしてくれます。

Googleがこれまでに培った自然言語処理の技術で、あなたの言葉を理解し、まるで人と話しているように自然に会話できるようになっており、例えば、自分の名前や好きな食べ物を教え込むことができます。

Google Assistantは昨年夏にリリースされ、その後、日本語についてもGoogleのメッセンジャーアプリ「Allo」にて利用できていましたが、今回、Allo以外でもホームボタンを長押しするだけで利用できるようになりました。



またすでに「Google I/O 2017」で発表されているようにGoogle アシスタントに対応したホームデバイス「Google Home」が日本でも今夏に発売予定です。

さらにiPhoneなどのiOS搭載機種でもGoogle Assistantが利用できるアプリが提供される予定となっており、iOS向けGoogle Assistantは当初英語のみとのことですが、日本語版についても将来的には提供予定だということです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google アシスタント 関連記事一覧 - S-MAX
・Google Japan Blog: Google アシスタントが日本語で Android 端末に登場
・Google アシスタント - あなただけの Google