29日、都市快報によると、中国浙江省杭州市の商業施設で撮影された「個室の中に便器が2個あるトイレ」の画像が中国のネット上で話題となった。写真は便器。

写真拡大

2017年5月29日、都市快報によると、中国浙江省杭州市の商業施設で撮影された「個室の中に便器が2個あるトイレ」の画像が中国のネット上で話題となった。

投稿者は「杭州のトイレ、一体何事?。親友と一緒に使えってこと?」とのコメントを画像に付けており、そこには2個の洋式トイレが向かい合わせに設置されている個室の光景が広がっていた。これに別のネットユーザーが杭州の別の商業施設にあるトイレとして個室内で2個並んでいる便器の画像を投稿するなどし、最初の投稿に対するコメントは1日で8000件を超えた。中には「しゃがむタイプだけと自分の学校もこんな感じ」「深センの病院にもある」「女の子って何事も友達と一緒にしたがるものだけど、これはちょっと恥ずかしくない?」といった声もあったという。

記事によると、このトイレはオープン当時からあり、幼い子どもや高齢の親を連れた利用者などを想定して作られた。ただ、使用頻度はそれほど高くなく、清掃作業員からは「二人同時に個室に入るところはほとんど見たことない」との声が上がっている。

店の女性客も「設置には賛成」「利用者に対する思いやりの一つ」と答えるものの、「自分が誰かと一緒に使うのは嫌」。また、ある客からは「トイレの数が少なく、女性は男性に比べて待たされることが多い。個室内に便器を2個設置してもほとんどの人が一人で使うのであればスペースの無駄ではないか?」との意見も出された。(翻訳・編集/野谷)