プロが回答! 別れてくれない彼氏とスパッと別れる方法

写真拡大

彼氏に別れ話をしても、なかなか受け入れてもらえないことってありますよね。女性はどんな方法で彼に別れ話をすれば、別れを受け入れてもらえるのでしょうか。心理コーディネーターの織田隼人先生に、別れてくれない彼氏への対処法を聞いてみました。

■男性に効果的な別れ話の仕方

別れ話の仕方にはさまざまな方法がありますが、男性に受け入れてもらいやすい別れ話の仕方はあるのでしょうか。織田先生にアドバイスしていただきました。

◇別れ話をする前にやっておきたいこと

織田:あらかじめ彼氏に「不穏な空気」を感じさせることが大切です。別れ話をするということは、彼に「別れを納得してもらう」ことが目的となります。そのためには、彼にも心の準備をしてもらう必要があるのです。急に別れ話をして驚かれるよりも、不穏な空気を感じさせてから別れ話をしたほうが、「ああ、やっぱりダメだったか」と思ってもらうことができ、スムーズに別れやすくなります。そのために、彼に対して別れをにおわせるような言葉を何度か投げかけておきましょう。

◇別れ話をするときの効果的な手段

織田:別れ話は、直接会って話すか電話で伝えることをおすすめします。直接会って話したほうが成功率が上がるので、可能なら会って話をするほうがよいでしょう。なぜなら、別れ話をしてあなたが立ち去ることで、彼は「あなたを失う」という経験をすることになり、別れを受け入れざるを得ない状態になるからです。

会いたくない場合は電話にしましょう。メールやLINEと違って、どれだけ本気かを声で伝えることができます。LINEで別れ話をすると、彼が「らちがあかない」と怒って、急に家にやってくる可能性もあります。そうなるよりは、電話で深刻そうな声で別れ話を切り出したほうがスムーズです。

◇別れ話をするのに最適な場所

織田:会って別れ話をする場合は、周りに人がいるところを選びましょう。人がいないところで別れ話をすると、彼が急に暴れ出す可能性があります。ある程度にぎやかな場所がよいので、ファミレスなどがおすすめです。周りに人がいたほうが、お互いに周囲の目を気にして変な行動を取らずにすみます。場合によっては自分の食べた金額の分だけをテーブルに置いて、サッと立ち去ることも可能です。

◇別れたい気持ちの伝え方

織田:「もう無理」「付き合えない」というように、はっきりと付き合えない意思を伝えることが大切です。少しでも可能性があるような伝え方をすると、彼が食い下がってくる場合があります。もう限界であるということをちゃんと伝えましょう。

■別れてくれない彼氏への対処法

彼氏にちゃんと別れ話をしたのに、どうしても彼氏が別れてくれない場合、女性はどうすればいいのでしょうか。別れてくれない彼氏への対処法とNG行動について教えていただきました。

◇別れてくれない彼氏への対処法

織田:「もう付き合えない。別れます」というように「別れる」と伝えることが大事です。ここで「別れたい」というように、相手に許可を求める言い方はよくありません。また、相手にいろいろ質問されても、「もう無理」「付き合えない」というように同じ回答をずっと繰り返すと、だんだん彼がこれ以上コミュニケーションを取れないことに気づき始めます。もし言葉に詰まったら、電話の場合は電話を切ればいいですし、会っているときには「さようなら」と言って代金をテーブルに置いて立ち去るのがよいでしょう。

◇なかなか別れてくれない彼氏へのNG行動

織田:自分をよく見せようとすると失敗しやすくなります。自分が悪者になるくらいの気持ちで「もう好きじゃない」とキッパリ伝えましょう。また、彼を説得するのも危険です。あなたが彼を説得しようとしても、彼は彼で「別れを回避するために説得したい」と思っているので、会話をすればするほど別れを避けられてしまう可能性があります。彼には「別れる」という事実だけを伝えて、相手が受け入れられないのであれば会話を打ち切る。これくらいの覚悟で臨みましょう。

◇第三者に相談したほうがいい場合

織田:彼がしつこくなってきたときは、誰かに相談したほうがよいでしょう。彼が何度も連絡してきたり、待ち伏せしているような場合は、放っておくとストーカー化してしまう可能性があります。第三者が仲介に入ることで、彼は少し冷静になります。そして、第三者からも「これ以上やっても可能性がない」と客観的に伝えてもらうことで、ようやく彼も「もう無理なのだ」と理解できるようになるでしょう。

■まとめ

彼に別れ話を受け入れてもらうためには、彼に別れを許してもらう形ではなく、あくまで自分の意思を伝えるという気持ちで臨んだほうがよさそうです。なるべく人が多い場所で別れ話をし、話がこじれそうなら立ち去ってしまいましょう。もし彼がストーカーのような行動をしてきたら、早めに第三者に相談してくださいね。

(監修:織田隼人)

※画像はイメージです