スマホやパソコンなどの電子機器が広まり、どんどんと生活が便利になっていきます。それと同時に増えているのが眼精疲労。そこで注目を集めているのが、眼の調子を良くする救世主ともいえる成分、ルテインとゼアキサンチンです。眼科医も注目しているという成分、ルテインとゼアキサンチンは、機能性表示食品「ディアナチュラゴールド ルテイン&ゼアキサンチン」で効率よく摂取するのがおすすめです。

現代病とも言える眼精疲労が深刻

現代人は忙しい…ただでさえ過労や睡眠不足で眼がショボショボとしがちなのに、スマホやパソコンを長時間使うために、眼は常に疲労している状態です。そこへ追い打ちをかけるように、スマホやパソコンが発するブルーライトが、眼に大きなダメージを与えています。眼にはもともと、紫外線やブルーライトなどの、眼に刺激を与える光から眼を守る機能が備わっています。

それは眼の水晶体と黄斑部(おうはんぶ)に含まれるルテインとゼアキサンチンの働きによるものです。眼の健康を維持する成分ルテインとゼアキサンチンは、残念ながら体内で合成できない成分。しかも光のダメージを受けるごとに減っていき、加齢によっても減っていってしまいます。そのため、日常的に食品などからルテインとゼアキサンチンを摂取することが必要です。

ルテインとゼアキサンチンの摂取はサプリメント利用で効率良く

ルテインもゼアキサンチンも主に緑黄色野菜に含まれていますが、量が多くないので、食品だけで必要量を摂るのは難しいとされています。眼の健康を考えるなら、サプリメントを利用して効率良く摂取するのがおすすめです。そこでサプリメントといえばおなじみの「ディアナチュラ」。アサヒフードアンドヘルスケアが展開する、機能性表示食品シリーズから「ディアナチュラゴールド ルテイン&ゼアキサンチン」を選んでみてはいかがでしょうか。

1日目安量2粒の中にルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを含み、ルテインとゼアキサンチンの働きで眼の黄斑色素量を維持して、コントラスト感度の改善やブルーライトなどの光刺激からの保護により、眼の調子を整える効果が期待できます。

ルテインとゼアキサンチンが眼の調子を整える

アサヒフードアンドヘルスケアによる眼の視覚機能増進に関する研究レビューをご紹介しましょう。米国の健康な大学生及び大学院生を対象として、1日当たりルテイン10mgおよびゼアキサンチン2mgを1年間摂取させた結果、これらを摂らなかったグループに比べて、光ストレスからの回復をうながし、有害なブルーライトから、眼を保護する働きがある黄斑色素量が有意に増加。また視覚機能として色コントラスト感度が高まることが認められたとしています。

眼の状態を良くするためには、スマホやパソコンから離れて眼を休ませるのが一番ですが、仕事で使わざるを得ないなど、なかなかそうもいきません。その場合は、ブルーライトをカットする効果のあるシートやメガネを利用するほか、ルテインやゼアキサンチンの摂取で眼の調子を整えることができます。ルテインとゼアキサンチンはセットで摂ることで、効果の上がる成分でもあります。気になる人はサプリメントで上手に摂取して対策を始めましょう。


writer:Akina