自分は不倫とは無縁、絶対に不倫はしない! そう思っていても相手が既婚者という事実を隠してあなたに近づいてきたら、知らず知らずのうちに不倫をしてしまう可能性もないとは言い切れません。
今回は既婚者か見極めるための5つのポイントを体験談も加えまとめてみました。

彼が既婚者かを見極めるポイント

1. 家に行かせてもらえない

当然ながら既婚者は家にこられるとまずいので、あの手この手の言い訳でどうにか断ってきます。部屋が散らかっているから・狭いから・インドア苦手だから……など言い訳が続いたら注意です。
たとえばIさんは、「自営で両親が家で店をかまえているから連れていけない。ちゃんと紹介するからその日まで待ってて」と言われていたそうで、その1年後に既婚者と判明。もちろん、家で店をかまえているなどウソで、結婚して10年、子どももいたのだそう。

2. 住んでいる地域をチェック

住まいによっても独身か既婚か見わけるポイントがあります。
合コン好きのMさんに話を聞くと「今は既婚者も平気で独身といつわって合コンに参加してきます。無駄な恋愛をしないためにも、住まいを絶対に聞きます。たとえば、目黒や二子玉川など世帯が並ぶ地域や高級住宅街は、一人暮らしは少なくほとんど家族住まいなので、『あ、既婚者だ』とわかります」といいます。
ほかにも家から駅までの距離で判断する方は、駅前マンションなどは一人暮らしが多いけれど駅から離れると家族連れの戸建てが多いそうです。

3. 休みの日に会えるか

家族がいる人は、休みの日は家族サービスに使うので基本的に休みの日に会うのはNG。そして平日の仕事終わりなどがほとんどです。
不倫経験のあるYさんは「普通の会社員だったのに美容師だから土日休みじゃないとウソをつかれていて平日の夜に会っていました。今思えば会える時間が夜だけなのもあやしむべきだった!」と言っていました。土日が休みではない職業の方は、平日の休みの日に昼間から会えるかをポイントとしてみましょう。
また、休みの日はそばに家族がいるためこまめに連絡ができなくなるので、休みの日なのに連絡が少なくなる、電話には出ないということがあれば注意です。

4. 指輪のあとをチェック

指輪を外すと指輪の部分だけ日焼けをしていないのでうっすら色が違ったり、長年薬指にはめているとその指だけ細くなるので、指輪のあとを見るという女性が多いです。

5. まわりに紹介をしてくれるか

既婚者や本命の彼女がいる人の特徴は、まわりにあなたを紹介しないことです。自ら浮気相手をバラすのですから、そんなリスクを自ら負う人はいないですよね。
彼女になったのに彼の友人や両親など誰にも紹介してもらえない場合は、「私の友だちとあなたの友だちを呼んでBBQしよう・ホームパーティしよう」などと提案してみましょう。大切な彼女ならこころよくOKしてくれるはずです。もしかたくなに拒否されたら……。

いかがでしたか? 女性は一度好きになった相手に「実は既婚者だ」とあとから告げられても止められないという話をよく耳にします。そうならないように、初対面でいいなと思った時点でかっこよくて、会社でもそこそこいい立場で、いい歳なのに独身の彼……。と、少しでも違和感を覚えたらこの5つのポイントを当てはめてみてください。