蔡英文氏の公式ツイッターアカウントより

写真拡大

(台北 29日 中央社)旧暦5月5日の端午の節句(今年は5月30日)を前にした29日、風物詩のちまき作りやドラゴンボートレースなどのイベントが各地で開催された。蔡英文総統は同日、日本語で「皆さんが素敵な端午の節句を楽しく過ごせるように!」とメッセージをツイッターに投稿し、祝福を送った。

台北市の大佳河浜公園では、同市政府主催の「台北ドラゴンボートフェスティバル」(28〜30日開催)の一環として、ちまき包み体験が行われた。柯文哲市長は自分が包んだちまきを司会者に絶賛されると、「わたしはなんでも覚えるのが早い。ただ学ぶ機会がないだけ」と得意満面で語った。参加者の中にはカナダやパナマ出身の人の姿もあった。

新北市の微風運河では、第7回新北市議長杯ドラゴンボートレースが開幕。開幕式では参加チームがちまきをモチーフにしたコスプレなど工夫を凝らした衣装でショーを行い、会場を盛り上げた。同大会には台日交流のチームも出場する。

(梁珮綺、林長順/編集:名切千絵)