27日、モスクワとカザンを結ぶロシア高速鉄道プロジェクトで、中国の中車長客が低温環境での時速400キロ走行に向けて車両開発を進めている。

写真拡大

2017年5月27日、中国メディア・澎湃新聞によると、ロシアの首都・モスクワとタタールスタン共和国の首都・カザンを結ぶ高速鉄道建設プロジェクトで、中国の高速鉄道車両メーカーの中車長春軌道客車(中車長客)が低温環境での時速400キロ走行に向けて開発を進めていることが明らかになった。

中国とロシアは14年10月、同プロジェクトに関する備忘録に署名。路線はモスクワからウラジーミル、ニジニ・ノヴゴロド、チェボクサル、カザンなどを結んで山間部を走行するが、中車長客は極端な低温にも対応できる車体や台車などを開発中だという。

中車長客の営業責任者・張媛媛氏によると、開発している車両は気温がマイナス40〜50度の環境にも対応でき、12両編成で全長213メートル、最高試験速度は時速400キロ。最高営業速度は360キロにするという。

計画では、18年に開発を済ませ、試験走行を行うことになっている。(翻訳・編集/岡田)