脅威の18歳 HARUHI、1stフルアルバム決定! 9月には念願のアメリカ留学へ

写真拡大

 2016年5月に映画『世界から猫が消えたなら』主題歌「ひずみ」でデビューした脅威の18歳、HARUHI。様々なクリエイターとのコラボレーションを重ね、インターナショナルスクール卒業となった今夏、満を持して1stフルアルバムを発売する。

 「ひずみ」「ソラのパレード」をいったシングル曲をはじめ、小林武史との共作曲を含む、数多くの名曲を収録。1stにしてEarly Bestともいえる作品となる。収録内容、詳細は順次発表されるが、抜群のセンスを持つ18歳の1stアルバムは楽しみである。なおHARUHIは、今年の9月から、念願であったアメリカへの音楽留学が決まっている。


◎リリース情報
1st Album「タイトル未定」
2017/7/26 RELEASE
<初回生産限定盤(CD+DVD)> AICL-3351〜2 3,600円(tax out.)
<通常盤(CD)> AICL-3353 2,950円(tax out.)

収録予定曲:
「ひずみ」(映画『世界から猫が消えたなら』主題歌)
「あたたかい光」(明光義塾CMソング)
「Lullaby」(映画『淵に立つ』主題歌)
「BANQUET」(ドラマ『コック警部の晩餐会』主題歌)
「ソラのパレード」(アニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』EDテーマ)
haruhi99.jp