『Marvel ルーク・ケイジ』

写真拡大

鋼の肉体と怪力をもつ男の活躍を描く、Netflixオリジナルシリーズ『Marvel ルーク・ケイジ』。本作で主人公ルーク・ケイジを演じるマイク・コルターは、スーパーヒーローの肉体を維持する食事のメニューを披露した。

MTV映画&TVアワード授賞式のレッドカーペットで、米TV Guideの記者から質問を受けたマイクは「朝起きたら、プロテインシェイク、卵数個、カッテージチーズ、パイナップル。1時間後には、さつまいもと鶏の胸肉、ワークアウトの後にはリカバリードリンクを飲んで、ゆで卵を2個。少ししたら、サラダとキヌアに、鶏の胸肉またはさつまいも。また少ししたら寿司をちょっと食べるかな。そのあとは、今度は何度もいいから食事をとる」と、矢継ぎ早に回答。

さらに「なるべく品目はミックスするようにしているよ。さすがに飽きるから。基本的に3000〜5000キロカロリー摂らないといけないんだ。最低でも3500キロカロリー。あと、クッキーはだめだけど、植物性たんぱく質のやつならオーケー。結構美味しいんだよ」と続けている。スーパーヒーローの食事は、さすがに常人を大きく上回るようだ。

ルークを含め、マーベル・コミックに登場する4人のスーパーヒーローが集うドラマ『Marvel's The Defenders(原題)』は、Netflixにて8月18日(金)に配信スタート。(海外ドラマNAVI)