2017年5月30日(火)から台湾・台北市で開幕するITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2017」に合わせてASUSが開催したプレス向け製品発表会で、低価格モデルのノートPC「Vivobook」シリーズに、NVIDIAのGTX 1050を搭載する「Vivobook Pro 15」を発表しました。

Join ASUS at the Edge of Beyond @Computex 2017

http://press.asus.com/events/Computex/asus-2017/

Vivobook Pro 15は15.6インチの4K(3840×2160)ディスプレイを搭載するノートPC。CPUはIntelの第7世代Coreプロセッサー「Kaby Lake」のCore i7/i5、メモリは最大16GBに対応。



15インチモデルということで、フットプリントは大きめ。重さは2.2kg。



ASUSお得意のヘアライン加工になっています。







右側面



SDカードスロット、ヘッドフォンジャック、USB2.0×2



左側面



DC電源ジャック、有線LANポート、USB3.1、HDMI(v1.4)、Type-CのUSB3.1(Gen1)



OSはWindows 10 Pro



フロントカメラは、顔認証ロック解除機能Windows Helloに対応します。



キーボードはアイソレーションタイプ。



キーストロークは浅めですが、キー同士がしっかりと離れているのでタイピングはしやすそう。



指紋認証機能付きのタッチパッド。



ディスプレイは135度程度まで開きます。



裏面。縦長のスリットはファンの吸排気用。Vivobook Pro 15は12.9mmの薄さで、GPUにNVIDIAのGeForce GTX1050を搭載。れっきとしたゲーミングPCとなっています。



スピーカーはharman kardon製。





GTX1050を内蔵するゲーミングノートPC「Vivobook Pro 15」は、799ドル(約8万9000円)からというVivobookシリーズらしい低価格モデルとなっています。