PGAの定例記者会見にて、倉本昌弘が宮里藍の引退について語った(撮影:秋田義和)

写真拡大

29日(月)、都内のホテルで引退表明の会見を行った宮里藍。同日、PGAの定例記者会見に出席した倉本昌弘がラブコールを送った。
総数500枚以上!藍の歴史を特選フォトギャラリーでプレーバック
宮里の引退に対し「今の女子ゴルフの隆盛は樋口久子さんと藍ちゃん無くしてありえません。2人が良いかたちで時代を背負ってくれたからこそ。いろいろな方が“もったいない”と言っていますが私も同意見です。ただ、古閑美保さんもそうでしたが競技を辞めるだけであってプロゴルファーをやめるわけじゃありませんから。後塵の育成など今後もゴルフ界の発展のために頑張って欲しい」と語った倉本。続けて具体的なプランが出てきた。
「今日のPGAの理事会にJGAの山中専務理事も来ていました。その時に話したのが、オリンピック強化委員長としての立場での話になりますが、東京五輪で女子のコーチをやって欲しいなぁということ。どういうかたちになるかは分かりませんが、丸山くんと2人でコーチとしてやってもらえたら非常にありがたい。彼女の持っている色々な経験を伝えて欲しい。候補者の選手も藍ちゃんから色々学びたいと思います。女子から聞いた方が良い部分、男子から聞いた方が良い部分両方があればさらに良くなるのではないでしょうか」と話した。
「私は元々彼女にやってほしいと言っていましたからね。ただ、私だけで決められる問題じゃありませんから、6月7日にJGAの理事会があるので、その時に永田さん(副会長)含めてお話しさせてもらいたいと思います。彼女は今年いっぱいは現役ですし、辞めてすぐゴルフに関わりたくないかもしれない。一つの区切りがついたらやって欲しいですね」と具体的なスケジュールまで描いていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里藍、涙の引退会見 引退の理由やタイミング、結婚について語る
最後に涙ぐむ…宮里藍、約45分引退会見一問一答「これ以上ないゴルフ人生」
倉本昌弘、2020年東京五輪開催コース問題に憂い
松山英樹、東京五輪開催コース問題に「できれば霞が関でやってほしい」一問一答
IOCの要望についに…五輪ゴルフ会場が女性正会員受け入れへ「大変喜ばしい」