対話型音声AI「Googleアシスタント」が日本語対応、Android 6.0以降で利用可能に
Googleの音声AIアシスタント、Google アシスタントが日本語に対応し、本日からAndroidスマートフォン向けに提供開始されました。

Googleのチャットアプリ Google Allo上ではすでに日本語を利用可能でしたが、正式な日本語対応は先日のGoogle I/Oで発表されたばかり。予想外に早い対応となりました。

対話型音声入力Googleアシスタントが日本語対応へ。スマートスピーカーGoogle Homeも今夏国内発売


Googleアシスタントが利用できるのは、Android 7.0 NougatまたはAndroid 6.0 Marshmallowを搭載した端末です。Googleアカウント毎に順次有効化されており、今後数週間で対象端末を持つすべてのアカウントで利用可能になるとのことです。ホームボタンの長押しで画面検索(Now On Tap)の代わりにGoogleアシスタントが起動すれば利用可能になっています。また、「OK、Google」でも従来のGoogle Nowの代わりにGoogleアシスタントが起動します。

Googleアシスタントでは、従来のGoogle Nowよりもより自然に、そしてパーソナライズされたやりとりが可能になっています。例えば、「北海道で撮った夕陽の写真を見せて」と言えば、Google フォトから写真を見つけ出したり、「お母さんに『来週末に行くね』とメールして」で簡単なメッセージを送信できます。

Googleアシスタントの日本語対応に合わせて、機能を紹介するウェブサイトも公開されています。Googleアシスタントが利用可能になる前に、一通り何ができるかを予習しておくのもいいかもしれません。


新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy