イ・ビョンホン側、ハリウッド映画「ラディアンス」への出演について“まだ決定していない”

写真拡大

俳優イ・ビョンホンがハリウッド映画「ラディアンス」出演のニュースに関連立場を明らかにした。

所属事務所BHエンターテインメントは本日(29日) 午後、マイデイリーとの電話インタビューで「『ラディアンス』への出演はまだ決定前だ」として「数々のオファーを受けた作品の中の一つであるだけで、悩んでいる」と明らかにした。

「ラディアンス」は元特殊要員だったアメリカ大統領令夫人が、息子を拉致したテロ組織と正面対立して繰り広げられるストーリーを描く。パトリック・ルシエ監督が演出を引き受けたことが分かった。彼はイ・ビョンホンが出演した「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(「ターミネーター5」)の脚本を書いたことがある。

イ・ビョンホンは「G.I.ジョー」シリーズや「ターミネーター:新起動/ジェニシス」「ブラック・ファイル 野心の代償」「マグニフィセント・セブン」などに出演し、休まずハリウッドで活躍を繰り広げている。