リニューアル後のイメージ

写真拡大

 ビックカメラグループは6月、東京・秋葉原の「ソフマップ秋葉原本館」を、「ビックカメラ AKIBA」としてリニューアルオープンする。ビックカメラが秋葉原に進出するのは初めて。
 ビックカメラ AKIBAは、準備のできたフロアごとに6月5日から順次オープンし、6月22日にグランドオープンする。ソフマップとは異なる客層をビックカメラ AKIBAに呼び込むことで、収益力の強化を狙う。なお、秋葉原本館の全館クローズは6月1日〜4日の4日間のみ。一部でも営業することで、閉店情報を知らずに旧ソフマップ秋葉原本館を訪れた顧客に、移転先のソフマップ店舗を案内できるように対処する。

 また6月22日には、秋葉原地区に7店舗あるソフマップを専門分野ごとに5店舗に集約し、リニューアルオープンする。店舗ごとに商品ジャンルを分担することで、今まで問題だった売り場の重複などを改善し、顧客の利便性向上を図る。ソフマップ既存店にはリニューアルに伴う閉店日は無い。

 6月22日が全面リニューアルオープンだが、すでに売り場の整備は開始しており、これより前に一部リニューアル後の内容で営業する売り場もある。今後は、ビックカメラ AKIBAと、秋葉原地区のソフマップ5店舗を「AKIBA ビックマップ」と総称し、連携してキャンペーンやイベントを展開する。

●秋葉原地区のソフマップ、リニューアル後の店舗概要



 「アキバ☆ソフマップ1号店」は、「アキバ☆ソフマップ2号店」と統合し、中古携帯やサブカルチャーの専門店「ソフマップ AKIBA 1号店 サブカル・モバイル館」になる。アイドルライブ「マップ劇場」の開催や、音楽CD、中古スマートフォンを取り扱う。

 「リユース総合館」は、パソコン専門店「ソフマップ AKIBA 2号店 パソコン総合館」になる。パソコンの本体や組み立てパーツを取り扱う。また、ゲーミングPCの体験ができるゲーミングブースを設置。プロゲーマーによる対戦企画も開催する予定だ。

 「Mac Collection」は、Apple製品専門店「ソフマップ AKIBA3号店 Mac Collection」になる。Apple製品の正規修理窓口や、パソコンで音楽を制作する顧客向けにDTM/DAWの専門店「クリエイターズランド」を設置する。

 「アミューズメント館」は、ゲーム専門店「ソフマップ AKIBA4号店 アミューズメント館」になる。ゲーム機本体や、TVゲーム、パソコンゲームソフトなどを取り揃えるほか、ソフマップロゴの撮影スペースを用意している。

 「中古パソコン駅前店」は、中古の専門店「ソフマップ AKIBA5号店 中古デジタル館 買取センター」になる。中古商品の販売や買い取り、下取りサービスを受け付ける。