@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

今季初、通算2勝目の栄冠

インディアナポリスの空にダブルチェッカーが振り下ろされたとき、佐藤琢磨はインディカー・シリーズで通算2勝目を挙げることとなった。

これまでに通算123戦のインディカー・シリーズに参戦した今年40歳の佐藤琢琢磨は、本日開催された第101回インディ500の決勝に4番グリッドからスタート。

200ラップにわたるレースを戦い抜き、「No.26 Ruoff Home Mortgage Honda」を優勝へと導いた。

2017年にアンドレッティ・オートスポーツに加入した佐藤琢磨にとって今季初の栄冠であり、2013年にロングビーチ市街地コースで行われたシリーズ第3戦に続く通算2勝目となった。

アンドレッティ・オートスポーツにとって、今回の勝利はベライゾン・インディカー・シリーズにおける通算56勝目にあたる。

2003年以来、アンドレッティ・オートスポーツはシリーズチャンピオンを4度獲得(2004年:カナーン、2005年:ウォルドン、2007年:フランキッティ、2012年:ハンターレイ)し、インディ500では4度優勝(2005年:ウェルドン、2007年:フランキッティ、2014年:ハンター-レイ、20016年:ロッシ)している。

佐藤琢磨公式Twitterのコメントを見る