オーストラリアのエバンスヘッド沖で、ボートに飛び乗ってきたホホジロザメ(2017年5月28日撮影、5月29日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリアで、ボートに飛び乗って転げ回るホホジロザメに突き飛ばされた漁師が、腕を負傷しただけで無事に生還を果たすという出来事があった。

 テリー・セルウッドさん(73)は、ニューサウスウェールズ(New South Wales)州エバンスヘッド(Evans Head)沖で静かな時間を楽しんでいた際、驚くべき事態に遭遇した。

 27日に豪ABCの取材に応じたセルウッドさんは、「よく分からない何かがボートに乗り上げてきたと思ったら、サメの胸びれが私の腕に当たって突き飛ばされてしまい、手と膝を床に打ちつけてしまった」と説明。ホホジロザメはボートのエンジンの上に乗り上げた後、床に落ちたという。

 サメの体長は2.7メートルだったのに対し、ボートは幅1.4メートル、全長4.5メートルで、船内はかなり窮屈な状況に陥った。

 セルウッドさんは「サメは四つんばいになった私を見つめ、私もサメを見つめていた。そうするとサメは動き出してボートを揺らし始めた。素早く船べりへと移る余裕がなかった」と語った。

「私はかなり出血しており、ぼうぜんとしていたので、何が起きたかよく覚えていないが、『まずい、ここから早く脱出しなくては』と思った」

 セルウッドさんは何とか無線機をつかみ、地元の海難救助ボランティアに連絡。ボートから救出されて陸へと向かい、皮膚がはがれた腕の手当てを受けることができたという。
【翻訳編集】AFPBB News