画像提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIは29日、モバイルネットワークを介して複数人が同時に参加し、コミュニケーションが可能な新しいVRが体験できる特設ブースを、期間限定で設置すると発表した。6月3日より順次開始する。

KDDIは、モバイルネットワークを介して複数人が同時に参加し、コミュニケーションが可能なVRアプリケーション「VR appli(仮)」の開発を推進しており、今回の特設ブースはその一環となる。

体験可能なコンテンツは、音楽と映像がシンクロ融合した空間の「UJ360」。360度の動画や写真が見られるほか、VR空間内で映画館のようなスクリーンで2D動画が見られる「THEATER」。空の上や森の中でまったりとおしゃべりできる「LOUNGE」など。

VR体験ブースの設置場所と対象期間以下の通り。