暁月凛×妄想キャリブレーションが語る、アニソンへの愛と憧れ「自由に表現できる特殊なジャンル」

写真拡大

 暁月凛が、3rdシングル『マモリツナグ』を5月24日にリリースした。表題曲「マモリツナグ」は、現在放送中のテレビアニメ『銀の墓守り(ガーディアン)』(TOKYO MXほか)の主題歌を務めており、『金田一少年の事件簿R』(読売テレビ・日本テレビ系)『青の祓魔師 京都不浄王篇』(MBSほか)に引き続き、暁月はデビューから3回連続のアニメタイアップを果たした。この度、TVアニメ『タイムボカン24』(読売テレビ・日本テレビ系)のエンディングテーマ「激ヤバ∞ボッカーン!!」(3月8日発売)に続き、6月14日にリリースされる5th シングル「桜色ダイアリー」が、アニメ『冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた♭』(フジテレビ系)のエンディングテーマに起用され、2クール連続アニメタイアップ中の妄想キャリブレーションと、暁月の対談が実現。今回のインタビューでは、幼い頃からアニメとアニソンに並々ならぬ愛情を注いできた両者に、新曲の制作過程やアニメ主題歌に対する考え、アニソンシンガーとしての今後について語ってもらった。(編集部)※チェキプレゼントも!(詳細はインタビュー最終ページで)

 暁月「自分の人生は“神作”」

ーー今回は「アニソン」をテーマにした対談ということで、まずはみなさんがアニメを好きになったきっかけについて教えてもらえますか?

星野にぁ(以下、星野):小さい頃は『おジャ魔女どれみ』(ABC/テレビ朝日系)にハマっていました。歳を重ねるうちに周りの友達はだんだんアニメを観なくなりましたが、私はずっと観続けていて……小学5年生くらいの頃から「もしかすると私は周りとちょっと違うのかも」と思い始めました。でも、アニメオタクになった一番のきっかけは『NARUTO』(テレビ東京系)です。

胡桃沢まひる(以下、胡桃沢):私は『犬夜叉』(読売テレビ/日本テレビ系)です! 晩御飯を食べながら観る『犬夜叉』が大好きで、オープニングからエンディングまで全部観るために学校から一生懸命早く帰ってました。最初は漫画を読んでいたのですが、そこからアニメに夢中になって、徐々にオタクの沼へとハマっていきました(笑)。

雨宮伊織(以下、雨宮):オタクっぽいアニメを観始めたのは、『涼宮ハルヒの憂鬱』や『灼眼のシャナ』(ともにTOKYO MXほか)が放送されていた頃から。『シャナ』はライトノベルからずっと好きで、あと『らき☆すた』(TOKYO MXほか)も観てました。

桜野羽咲(以下、桜野):『マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ』(テレビ東京ほか)や『カードキャプターさくら』(NHK総合)の主題歌を覚えて、子供の頃は家でリサイタルをしてました。ずっとアニソンに触れて育ってきたので、ソロとしてアニソンシンガーになることが昔からの夢です。

暁月凛(以下、暁月):子どもの頃は自分のことをオタクと自覚していなかったです。小さい時は『名探偵コナン』(読売テレビ/日本テレビ系)などをよく観ていましたが、本格的にアニメにハマったきっかけは『コードギアス 反逆のルルーシュ』(MBSほか)でした。それを友達におすすめした時に「お前、オタクだよ」と言われて、自分がオタクであることに気づきました。

ーー暁月さんが主題歌を務める『銀の墓守り』は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』と同じく福山潤さんが主演ですね。

暁月:そうなんですよ! 本当に運命を感じました。それに憧れていた湊(貴大)さんとも一緒にお仕事ができたり(「マモリツナグ」の作詞・作曲を担当)、出会いに恵まれた自分の人生は“神作”だと思っています。

ーー水城さんはもともとアニメ分野には精通していませんよね?

水城夢子(以下:水城):そうなんです。でも、今回『冴えない彼女の育てかた♭』(以下、『冴えカノ』)から学んだこともありますし、色んな発見もあったので、新しいアニメにも少しずつ興味を持ちたいなと思いました。メンバーとアニメの話をするのも楽しいので、これからもっと知っていきたいです。

ーーお互いの楽曲を聴いたり、アニメは観ていますか?

桜野:私、『銀の墓守り』みたいなアニメ好きです。

胡桃沢:うーちゃん(桜野)はダークな雰囲気のアニメが好きそう。

桜野:アニメの序盤に出てくる「もう一度君に会うために〜」という台詞が大好き! 神作って思いました。本編が15分なのも観やすくて、dアニメストアで何度も観てます。

胡桃沢:暁月さんの芯のある声がすごい綺麗だなって思いました。朗らかで、透明感のあるイメージなのに声には芯がある。名前のように凛とした声が素敵です。

暁月:ありがとうございます。私は“闇系”のアニメが好きなので、普段はハーレム系アニメに触れることが少ないのですが『冴えカノ』は観てます。妄キャリさんの「桜色ダイアリー」は歌声もすごく可愛くて、曲から青春のエネルギーが伝わってきました。私が持っていない魅力が詰まっているので、みなさんの女子力を吸い取りたいなって(笑)。

妄キャリメンバー:ありがとうございます(笑)!

桜野「作品への愛をどうしても歌いたかった」 

ーー暁月さんは湊 貴大さんと2度目のタッグです。前作「コノ手デ」との違いはありましたか?

暁月:ずっと湊さんの曲を聴いて育ってきたので、私の中にはもともと湊さんの世界観や美的感覚が備わっていました。なにも言わなくてもシンクロできるというか……「コノ手デ」の時も少ないコミュニケーションで、湊さんのやろうとしていることを感じ取ることができました。「マモリツナグ」では、お互いに意見を交わし合って製作を進めたので、前作以上に共通の想いが色濃く表現できたと思います。

ーーアニメの主題歌を目標に掲げていた妄想キャリブレーションですが、作品のイメージに寄り添ったとはいえ「桜色ダイアリー」のようなスウィートでミドルテンポの曲調を持ってきたのは意外でした。

桜野:そうですね。もともと『冴えカノ』のコンペティション用に作り始めた曲なので、これまでとは制作過程も意識も全然違って、『冴えカノ』とどう寄り添うべきか、メンバーと一緒にすごく悩みました。そこから沢井美空(共作詞を担当)さんと相談しつつ、制作を進めていくことになったんです。最初は「桜色ダイアリー」の候補となるデモ曲がいくつかあって、その中から作品のイメージに近いものを選んでいきました。今の曲も、最初はギターサウンドでしたが、アニメのイメージはピアノだと思ったので変更していただき、あとは作詞にも挑戦して、衣装も『冴えカノ』っぽくしよう、と。私たちはこの作品が大好きで、誰にも負けない作品への愛をどうしても歌いたかったんです。

ーー「桜色ダイアリー」では、雨宮さんがピアノを弾いていますね。作曲を担当した「back stage」を含め、最近の活躍が著しいです。

雨宮:「back stage」の時も、ピアノを弾きたいと思っていたのですが、その時はタイミング的に難しかったのでできませんでした。まさかこんなに早くピアノのレコーディングができるとは思っていなかったです。でも、私がイメージしていたレコーディングとは全然違ったので、戸惑うこともありました。最初はキーボードや電子ピアノで演奏すると思っていたのですが、実際に弾くのはグランドピアノで。慣れない環境と練習不足が重なり、なかなか上手く弾けなくてすごく悔しい思いをしました。

桜野:47都道府県ツアー(『JOYSOUND presents 妄想キャリブレーション 47都道府県ツアー〜大声出そうぜ。MOSO MAX〜 supported by 楽天チケット』)でピアノの生演奏を聴いた時は泣いちゃいました。夜通し練習していたのも知っていたし、レコーディングで悔しい思いをした話も聞いていて。それに手が震えるほど緊張している伊織を見るのも初めてだったので、最初のイントロを聴いた瞬間に涙がこみ上げてきて……。

胡桃沢:泣かずに笑ってライブを終えられると思ってたんですけど、最後の最後にピアノの音を聴いて全員の涙腺が崩壊しました(笑)。

 雨宮「「青春プロローグ」は“選ばれなかった”曲」

ーー妄キャリは2ndシングル表題曲「アンバランスアンブレラ」から作詞に取り組んでいますが、アニメのタイアップということで普段との違いはありましたか?

胡桃沢:いつもは音にあわせて歌詞を考えていきます。でも、今回は沢井さんとの打ち合わせで作品の背景やキャラの心理状態を話し合い、そこから締め切りのギリギリまで作品のイメージに合うキーワードを書き出しました。私たちが出したキーワードをもとに、沢井さんが素敵な歌詞に整えてくれたんですよ。

ーーカップリングの「青春プロローグ」は、<正規ルート>や<ゲーム>など、より原作に近いキーワードが並んでいた印象です。

雨宮:この曲も、元々『冴えカノ』エンディングの最終候補曲だったんです。なので、歌詞も『冴えカノ』を意識した楽曲になっています。最終的に決まったのは「桜色ダイアリー」でしたが、“選ばれなかった”曲というところに、私は愛着が湧いていて、何よりもとても良い曲だったのでカップリングに入れさせて頂くことになりました。

胡桃沢:「青春プロローグ」の歌詞には、沢井さんから妄キャリへのメッセージも、強く込められています。「青春の中にいるみんなは、青春を体験していることに気付かないかもしれない。でも、振り返った時にこれが青春だったことに気付くから、今を大事にしてね」っていうメッセージ。もちろん『冴えカノ』を意識している部分もあって。一緒に過ごす中で、名前をあだ名で呼び合ったり、お互いの好きなものを教え合うこともあると思います。そうやって徐々に変化していく人間関係や、少しずつ近づいていく距離感を表現しました。

 暁月「前作よりもポジティブな表現に挑戦できた」

ーー一方、暁月さんの『マモリツナグ』のカップリング「Eternal Land」は、従来の暁月さんらしさが出ていると感じました。

暁月:私の心をそのまま映し出したような曲です。私がイメージしている最も美しいアニメ的な美的感覚が、「Eternal Land」では表現されています。私は普段から妄想するのが好きで、今回の楽曲はネバーランドのような場所に住む妖精をイメージしました。忘れられると死んでしまう妖精が、消えてしまうまでの物語。妄キャリさんの楽曲とは対照的ですね。

ーーアーティストの持つ本来のイメージから少し外れて、様々なことに挑戦できるのもアニソンを歌う醍醐味だと思います。

暁月:「マモリツナグ」では、前作よりもポジティブな表現に挑戦できたと思います。今までは“闇”に寄った気持ちを歌うことが多かったので、「マモリツナグ」のメロディを初めて聴いた時も「まぶしい!」と感じました。『銀の墓守り』も、絶望から希望へと向かっていくストーリーなので、私にとっては明るいアニメという印象で。何かを守るために一生懸命戦うように、誰かを守ろうとする意思を歌で表現することが、この曲のポイントでした。

桜野:私たちも“可愛さ”や“まぶしさ”をストレートに表現するのは初めてです。前作の「激ヤバ∞ボッカーン!!」(読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『タイムボカン24』エンディングテーマ)では悪役の気持ちを歌っていたので、私たちで本当に大丈夫かなっていう不安もありましたし、妄キャリが歌う意味も考えました。でも、オタクっぽい要素やゲーム用語はメンバーの個性でもあるので、作品に寄り添いながらも、妄キャリの強みも発揮できました。あと「桜色ダイアリー」は、沢井さんが歌っていた「カラフル。」(『冴えカノ』第1期エンディングテーマ)の続きのストーリーとなっていて、“成長”がテーマになっています。今回の制作では、私たち自身もたくさん成長できたので、そういう部分もリンクしていると思います。

胡桃沢:あと、今回はMVの制作にも関わらせていただきました。最初に4つくらい案を出していただいて、そこから絵コンテや演出を各メンバーが考えて形にしていきました。

星野:インディーズ時代から私たちのMVを撮っていただいている監督と、初めて一緒に制作することができました。MVはデートをモチーフにしているので、自分たちの理想のデートを出し合って、それがMVに使われています。自分たちが納得した上で、自信を持ってファンに作品を届けられる環境があるのは、すごくありがたいことだと思います。

ーー水城さんは、アニメのタイアップ等でグループの可能性が拡張されていくことについてどう思いますか?

水城:メジャーデビュー後は様々なジャンルの曲に挑戦させていただいているので、ファンのみなさんの期待をいい意味で裏切るのが楽しくなっています。自分たちで考える作詞や振り付け、メンバーが持つ個性的な歌声によって、たとえ妄キャリのイメージとはかけ離れた楽曲でも、私たちのものにできる自信がついてきました。様々なことに挑戦できたおかげでアーティストとしての引き出しも増えてきたから、新しい楽曲への挑戦はプラスにしか捉えてないです。

  暁月「アニメは抽象的なものをそのまま表現できる」

ーー確かに、いちリスナーとして次に出てくる曲がどんどん楽しみになっています。暁月さんと桜野さんは「アニソンシンガーになりたい」と目標を掲げて活動してきましたが、お二人が「シンガー」ではなく「アニソンシンガー」という存在に惹かれる理由は?

桜野:私たちのアニソンは、作品と寄り添いながらも、自分たちとリンクする部分があって。楽曲を制作する過程で、今まで知らなかった自分の一面を発見することもある。そうやって新しい自分らしさを知って成長できることが、私にとってのアニソンを歌いたい理由なのかなって最近気付きました。

暁月:最初からアニソンシンガーという存在を目指していたわけじゃなく、アニメの歌を歌いたくて辿り着いたのがアニソンシンガーでした。アニソンは、三次元の物理法則や常識的なルールに縛られず、なんでも自由に表現できる特殊なジャンル。哲学性や文学性、ビジュアルや魔法といったフィクションなど、アニメだと抽象的なものをそのまま表現できます。一般的なポップスと比べて、テーマになるキーワードも多いので、楽曲にもたくさんの可能性が生まれます。そんな自由なところも魅力ですね。あと、アニソンシンガーになると、最初からオチを教えてもらえる利点もあります(笑)。

ーー「抽象的な表現」というのはアニソンにもまさにいえることで、リアリティのない多少オーバーな表現も不自然に感じないですよね。

暁月:『コードギアス』を観た時も、これは絶対に実写化できないと思いました。アリプロ(ALI PROJECT)さんの曲も大好きで。

胡桃沢:「勇侠青春謳」ですね。

暁月:大好きです! カラオケでも必ず歌います。声は出ませんが……。

胡桃沢:わかるー!『コードギアス』が共通項だと思うと親近感が湧きます。

暁月:誰が好きですか?

雨宮:スザク!

胡桃沢:ルルーシュ!

暁月:スザク派とルルーシュ派が! 私はルルーシュが好きですね。最近、『コードギアス』について友達と話していて、“ルルーシュが生きているか問題”について語り合いました。

胡桃沢:最新作がネット上でも話題になってますよね。

暁月:語り合うのは楽しいですが、この話題は喧嘩の種になります(笑)。

胡桃沢「アニソンでは、カメレオンみたいになれることも大事」

ーーいまアリプロの話題が出ましたが、桜野さんと相沢梨紗さん(でんぱ組.inc)によるユニット・LAVILITHの楽曲「スバラシキセカイ」は、アリプロ的ともいえるゴシック調の楽曲でしたね。

桜野:まさに、Kalafinaさんやアリプロさんを意識しています。梨紗さんとは、アニメ好き、シンガー希望、あと厨二病なところが共通しています。私は自分のことを厨二病だとは思っていないのですが、まわりからは厨二病ユニットって言われます……(笑)。でも、こういうゴシック調の世界観も妄キャリにはないので、この曲で表現力をつけて妄キャリの活動にも活かしたいです。

暁月:私もよく人に厨二病って言われますが、自覚は全然ないです(笑)。

ーー「厨二病」と自称していたらそれはそれで違う気がするので、そのままで良いと思います(笑)。一方、星野さんと藤咲彩音さん(でんぱ組.inc)によるユニット、ニァピンの楽曲「PINKY☆STAR」は「スバラシキセカイ」と真逆の雰囲気ですよね。

星野:「PINKY☆STAR」は高音で曲調も早いし、ピコピコしていて、よりキャラクターっぽい楽曲になってます。子供っぽさや無邪気さを前面に出している感じ。聴いた時に不思議な違和感を持ってもらえるように意識しました。

ーー『桜色ダイアリー』も『マモリツナグ』も、アニメのキャラを描き下ろしたアニメ盤が作られています。アニメファンとしては、アニメ盤が出るのも嬉しいのでは?

胡桃沢:最高です。

暁月:なによりも幸せです。 桜野:初回盤のジャケットは『冴えカノ』の聖地で撮影しました。アニメ盤では、そのジャケット写真と同じ立ち位置で、高瀬智章先生にキャラを描き下ろしていただきました。妄キャリのために描いてくれたと思うと本当に幸せで……オタク冥利につきます。

暁月:アニメ盤の方は、人間ができないことができるアニメの良さが出ています。運動音痴な私には絶対できないようなポーズを、陸水銀(『銀の墓守り』主人公)が代わりに取ってくれました。青の色合いも曲とマッチしていてお気に入りです。

ーー最後に、今後はどのようにアニソンと寄り添っていきたいですか?

胡桃沢:アニソンを歌う上で、カメレオンみたいになれることも大事で。作品の一番のファンでいるからこそ歌える曲があるのかなと。「桜色ダイアリー」も、作品愛を持って『冴えカノ』に寄り添えたからこそ、機会をいただけたと思っています。普通なら言葉で愛を語ると思いますが、私たちは曲で表現する強みを持っている。今回は、作詞やMV制作にも関わらせて頂けたので、自分たちの持つ強みと作品愛を楽曲に落とし込んでいくことができました。アニメに対する愛情と、オタク文化と結びつきの強い私たちの個性を活かして、これからも色んなジャンルの楽曲に挑戦していきたいです。

暁月:私は、アニメ的な美的感覚やアニメならではの世界観を、きちんと作品の中で表現することが大切だと考えています。これまでも素晴らしい曲を歌わせていただきましたが、今後は自分の中にある耽美的な要素も上手くアレンジして表現していきたいです。私が歌手デビューする前から抱いていた“傷”や“闇”、美しいと感じるものを、みなさんに作品として届けられたら嬉しいです。

(取材=中村拓海/構成=泉夏音/撮影=松木宏祐)

■リリース情報 暁月凛『マモリツナグ』 発売中 初回生産限定盤(CD+DVD)¥1,481(+税) 期間生産限定盤(CD+DVD) ¥1,481(+税) ※描き下ろしアニメジャケット 通常盤(CD)¥1,111(+税)

妄想キャリブレーション『桜色ダイアリー』 6月14日リリース 初回生産限定盤CD+DVD)¥1,574(+税) アニメ盤(期間生産限定盤)CD+DVD) ¥1,574(+税) 通常盤CD)¥1,204(+税)

■関連リンク 暁月凛公式サイト 妄想キャリブレーション公式サイト

 ☆暁月凛&妄想キャリブレーション チェキプレゼント☆  

 リアルサウンドでは、暁月凛&妄想キャリブレーションのサイン入りチェキを3名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。 (1)暁月凛&妄想キャリブレーション(左上) (2)妄想キャリブレーション グループ(右上) (3)暁月凛ソロ(下段) ※3種類のうち、欲しいチェキの番号を明記の上、ご応募ください。

応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTのうえ、下記URLより「お名前」「メールアドレス」をご記入頂き、「お問い合わせ内容」に【暁月凛&妄想キャリブレーション チェキプレゼント希望】、【@●●(あなたのTwitterID)】【希望チェキ番号】を書いて送信してください。 ※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

応募はこちら リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切> 6月12日(月)