各キャリアショップが建ち並ぶ中にUQスポット仙台一番町がオープン!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は25日、国内63店舗目となる「UQ WiMAX」および「UQ mobile」が対面販売で契約できる「UQスポット」の新店舗として「UQスポット仙台一番町」をオープンしました。なお、同日に「UQスポット平塚」、27日に「UQスポットアリオ橋本」がオープンしたため、現在国内65店舗。UQモバイル沖縄が出店している2店舗を含めると国内67店舗となっています。

UQスポット仙台一番町は東北では3店舗目、宮城県では初出店となるUQスポットです。東北の他の2店舗は青森県と岩手県のショッピングモール内の店舗となりますが、UQスポット仙台一番町は宮城県仙台市の中心部のアーケード街にある独立型店舗で、周囲には同じビル内にあるKDDI直営ショップ「au SENDAI」をはじめ、各キャリアショップが建ち並ぶ仙台の「携帯銀座」と呼ばれているエリアにオープンしました。

UQスポットとしては87坪と現時点で日本最大級の広さを誇る店舗となるのも特長です。今回はオープンセレモニーの模様と店舗の内装などを紹介します。


お茶の井ヶ田を挟んで店舗の右隣にau SENDAIがある コの字型の建物なので、au SENDAIと同じビル内の別テナントとなる


店舗の左隣にはソフトバンクショップが


ソフトバンクショップの向かいにはドコモショップも建ち並ぶ

UQスポット仙台一番町は、ぶらんどーむ一番町という仙台中心部のアーケード街の一番町ステアビルの1階にオープンしました。このビルですが、お茶の井ヶ田というお茶屋さんを挟んでコの字型になっており、右側のテナントはKDDI直営ショップのau SENDAIとなっています。

au SENDAIとUQスポット仙台一番町は別テナントとなりますが、建物奥の廊下を挟んで行き来はできます。なお、UQスポット仙台一番町のあった場所は1月まで「LINE FRIENDS STORE仙台」でした。

また、UQスポット仙台一番町の左隣には「ソフトバンク仙台一番町」が、そしてその向かいには「ドコモショップ仙台一番町店」が建ち並び、少し離れた場所に「ワイモバイル仙台一番町」もあります。まさに仙台の「携帯銀座」と呼ばれているエリアにオープンしたのです。

UQ 副社長の菱岡 弘氏


UQスポット仙台一番町 店長の佐藤 芳明氏


激しい販売競争に打ち勝つため、栄養ドリンクで乾杯!

オープンに先立ちセレモニーがあり、挨拶を行ったUQ 執行役員 副社長 営業部門 副部門長の菱岡 弘氏は「名前も仙台一番町なので、UQスポットも全国一番をめざして欲しい」と祝辞を述べ、UQスポット仙台一番町店 店長の佐藤 芳明氏から「スタッフ一同で盛り上げて頑張っていきたい。スタッフ一同全力で頑張ります」との決意表明がありました。そして出席者全員で、今後の厳しい販売競争に打ち勝つため栄養ドリンクで乾杯。最後に店舗前でテープカットを行い、オープンを祝いました。

店舗に入ると売れ筋のiPhone SEがお出迎え


白を基調とした内装。au端末も展示・販売される


アクセサリーも豊富に用意


オープン記念セールでファーウェイ(Huawei Technologies)のUQ mobile独自モデル「HUAWEI P9 lite Premium」が一括5,400円


待合スペースのマガジンラックに格安スマホの解説本も

UQスポットは各種スマートフォン(スマホ)などの即日開通が可能となる新規契約、機種変更、MNP(番号そのままで他社から乗り換え)の受付や、Android搭載製品の修理受付、また各種アクセサリーの購入が可能となっています。アクセサリーはSIMフリー製品などでは少ないことも多いので、ショップで揃えられるのは非常に便利です。また、待合スペースのマガジンラックには格安スマホの解説本も置かれ、格安スマホを求めるユーザーに訴求する形となっています。

すでに5月28日で終了となりましたが、UQスポット仙台一番町だけのオープン記念セールとして「HUAWEI P9 lite Premium」が一括5,400円で販売され、月額の維持費が最低780円になるというサービスもありました。

オープンに当たって菱岡副社長は「東北のこれまでのお店はモール系でした。モール系の場合は設備との相乗効果で祝日型になり、平日はお客様の動きが少ないのですが、ここのようなアーケード系は平日から人が多く動いています。UQスポットの存在、認知度はモールと違った形で広められると思います。こういう集積の多いアーケード系も重視して作っていきたいと思います。仙台の中でも中心地ですので、東北地区のキーポイントとなる店舗として期待しています」とUQスポット仙台一番町への期待を語りました。

地方都市でもUQスポットは増えてきていますが、菱岡副社長は「地方都市になるほど量販店ではなく専門ショップへ行きたいというお客様が増えます。東北の地においても専門ショップを出すことでさらにお客様を拡大できると期待しています。アフターサービスもそうですし、スマホは操作法などゆっくり中身を知りたいというお客様や量販店店頭だとゆっくり落ち着いて聞けないので、しっかり聞きながら納得して購入したいというお客様が多いです。安心感という部分でご理解いただけると思っています」と地方都市での出店意義を語りました。

UQとしては都道府県に最低1店舗、年内に100店舗創設をめざしているとのことで、今後も急激にUQスポットは拡大していきそうです。仙台の携帯銀座内にオープンした日本最大級の広さを誇るUQスポット。格安スマホ人気の中、仙台でどこまで販路拡大できるか注目です。



記事執筆:こば


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・UQ 関連記事一覧 - S-MAX
・UQスポット仙台一番町オープンのお知らせ | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
・UQスポット平塚オープンのお知らせ | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
・UQスポットアリオ橋本オープンのお知らせ | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+