宇宙少女 ユ・ヨンジョン、新ドラマ「七日の王妃」 OSTに参加“初のソロ曲”

写真拡大

宇宙少女のメンバーユ・ヨンジョンが、「七日の王妃」の最初のOST(劇中歌) の走者に抜擢された。

ユ・ヨンジョンがKBS 2TVの水木ドラマ「七日の王妃」のOSTを歌う。ドラマの最初のテーマ曲であり、ユ・ヨンジョンの初のソロ曲でもある。

制作会社側は、ユ・ヨンジョンとビハインドストーリーを明らかにした。関係者は「ユ・ヨンジョンが最近多数のドラマ制作会社からOST参加のオファーを受けたが、全て断っていた」として、「だが『七日の王妃』の作品性に魅了されて、参加を決定した」と伝えた。

引き続き制作会社側は、「ユ・ヨンジョンが宇宙少女の単独コンサートの準備で忙しい中でも、レコーディングのために曲の練習まで誠実に行った」として、「初のOSTであり初のソロ曲でもあるので、愛情が格別のようだ」と作業過程について説明した。

ユ・ヨンジョンはMnet「プロデュース101」に参加した当時も、ボーカリストとしての一面を見せて歌唱力を立証していた。

「七日の王妃」は朝鮮の歴史上最も短い間王妃の座に上り、たったの7日で廃妃になった悲運の女性である端敬(タンギョン) 王后シン氏をめぐる、中宗(チュンジョン) と燕山君(ヨンサングン) のラブストーリーを描いたロマンス時代劇だ。パク・ミニョン、ヨン・ウジン、イ・ドンゴンなどが出演する。韓国で31日に初放送される予定だ。