『武曲 MUKOKU』より。村上虹郎の絶叫ラップシーン (C) 2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

写真拡大

『私の男』の熊切和嘉監督がメガホンをとり、綾野剛が主演をつとめる『武曲 MUKOKU』。この映画のオープニングシーンとなる、村上虹郎演じる高校生・融による絶叫ラップシーンのフルコーラス映像が解禁となった。

[動画]村上虹郎演じる高校生・融による絶叫ラップシーン!『武曲 MUKOKU』本編映像

本作は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった矢田部研吾(綾野剛)が主人公。だが研吾は、父にまつわるある事件から生きる気力を失い、今ではどん底の日々を送っている。そうした中、研吾のもう1人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だったというストーリー。

解禁となった映像は、融が同級生と組んでいるバンドのライブシーンで、本作の音楽を担当している池永正二がライブシーンの楽曲とリリックも担当。融はバンド全ての曲のリリックを担当しているが、サビの「解き放て! 深淵を覗け! 注ぐ光を空へ! 解き放て! 感じる再生 細胞に 飛び散る永遠 高尚に……」という言葉や姿からも、彼が普通の高校生とはどこか違う感性を持ち、自分には扱いきれない強い衝動を持つキャラクターであることが感じられる。

それと同時に、このリリックは研吾と融を待ち受ける物語を示唆するものにもなっており、解禁となった本映像には、特別に歌詞を載せているので(※映画本編に歌詞表示はなし)、言葉にも注目だ。

『武曲 MUKOKU』は6月3日より全国公開となる。