故クリス・コーネル、葬儀にオーディオスレイヴ/L・パーク/メタリカのメンバーらが出席

写真拡大

 2017年5月17日に死去した故クリス・コーネルの葬儀が26日に近親者によって執り行われた。コーネルとはオーディオスレイヴで一緒だったギタリストのトム・モレロや、俳優のジョシュ・ブローリンが弔辞を述べ、リンキン・パークのチェスター・ベニントンが「ハレルヤ」を歌った。

 葬儀には彼の妻と二人の幼い子供の他、フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ジェーンズ・アディクションのデイヴ・ナヴァロ、シンガーソングライターのジョー・ウォルシュ、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドとラーズ・ウルリッヒなど、多数のロック界の大物が出席した。式はコーネルの最近の楽曲「ザ・プロミス」がかかる中、開始された。

 コーネルは5月17日に米デトロイトでサウンドガーデンのライブを行った後、ホテルの一室で死んでいるのを発見された。52歳だった。検死官により自殺と断定されたが、毒物検査の結果が現在も審議中だ。彼はハリウッド・フォーエヴァー墓地に埋葬され、一般のファンの為のお別れの会も午後3時から行われた。