「ピコピコサウンド」が音楽シーンを変える!? けもフレカバーからカルヴィン・ハリスまで名曲を聴きまくってみた

写真拡大

今回のテーマは、“ピコピコサウンド”! 皆さんはピコピコサウンドと聞いて、どんな音を思い浮かべますか?

アニソン好きなら絶対共感!? アニオタ特有「カラオケあるある」8選

レトロゲーマーの方は元祖ファミコンの音楽、現役ゲーマーの方も、レトロテイストのゲームBGMで聞き覚えがあるかもしれません。そんなピコピコサウンドが、実は一つの音楽ジャンルになっているんです。

というわけで今回は、そんなピコピコサウンドを得意とする“ピコピコ系ミュージシャン”ヒゲドライバーさんがプロデュースするイベント『Pico Pico: Impossible 2』に出演される声優アーティスト・山村響さんに、ピコピコサウンドの魅力をプレゼンします。

山村さんの青春を彩ったゲームや、ヒゲドライバーさんのピコピコサウンドへの熱い思いなど、濃厚なインタビューになりました。では、いってみましょう!

「チップチューン? 『徹子の部屋』みたいなもの…?」

――今回は、山村さんに、ピコピコ系音楽の魅力を知っていただきたいという企画なんです。ジャンル的には「チップチューン」と言われたりするんですが…。山村さん、チップチューンという言葉はご存知ですか?

山村「初めて聞きました。えーっと、チップチューンっていうイベント名ですか? それとも、コーナー名? 『徹子の部屋』みたいな…」

ヒゲドライバー「おお…」

――完全にまっさらな状態なんですね(笑)。

山村「すみません! 勉強不足で!」

ヒゲドライバー「いやいや、メジャーなジャンルじゃないんですよ」

――了解しました。まずは山村さんにもわかっていただけるようなものを…。ご存知『ようこそジャパリパークへ』のチップチューンカバーを、Sound Cloudという音楽SNSにアップしている方がいらっしゃるんです。

どうぶつビスケッツ×PPP/ようこそジャパリパークへ(Tobokegao GAMEBOY Cover)

山村「あ、これ、カービィの音!」

――おおっ、『星のカービィ』お好きなんですか?

山村「大好きなんですっ! ほら、スマホケースもカービィなんですよ。私、レトロゲームのBGMってすごく好きなんです。それに、動画サイトで、”ゲームアレンジ”っていうのを、作業用BGMとしてよく見てました」

――ヒゲドライバー先生、こういう既存曲のカバーも結構多いですよね。

ヒゲドライバー「そうですね、一時期はチップチューンカバーがすごく流行って、アルバムもリリースされたりしたんですよ」

山村「私、カービィが特に好きなんです。小学生の時に、『星のカービィ 夢の泉の物語』をやっていて…」

ヒゲドライバー「あ、それは僕もすごく好きな作品ですね」

山村「それが私の青春なんですよ。音楽がすごく良くて、BGMを録音して聴いたりして…。あとは、ポケモンシリーズも大好きだったし、あとは、『カエルのために鐘は鳴る』ですね!」

ヒゲドライバー「おお〜、名作だ!」

山村「音楽がめっちゃいいんですよね! 今でも、ゲームのプレイ動画は動画サイトでよく見ます」

ヒゲドライバー「うーん、意外だった…(笑)。全く知らないと思ってましたよ」

ヒゲドライバー先生、チップチューンって何ですか?

――チップチューンという言葉は、かなり広い使われ方をしますよね。いろいろな定義があります。

ヒゲドライバー「そうですね、厳密にチップチューンを定義すると、ファミコンやゲームボーイなどで使われている音源チップだけを使った楽曲を、チップチューンと呼ぶべき、という方もいらっしゃいます。だから、厳密に言うと、僕の音楽は純粋なチップチューンじゃないんで」

山村「ヒゲドライバーさんはどうやって作曲してらっしゃるんですか?」

ヒゲドライバー「僕は、パソコンのソフトでこういうピコピコ音を出しているんです。さらに、そこにいろいろと他の音を足したりしてます。ピコピコ音楽=チップチューンと広く定義したら、僕の音楽もチップチューンということになると思います」

山村「この曲はカービィの音だけど、全然違う曲だから、どうやって音を出しているんだろう?って思っていたんです。一つ一つ、音を抜き出すのは難しいだろうし…。そうやって作っているんですね」

――パソコンのソフトシンセを使う場合もありますし、ゲームボーイやファミコン自体を楽器にする方もいますね。

ヒゲドライバー「そうですね。ゲーム機を改造したりする方もいらっしゃいます。ゲームボーイには、海外の方が開発した非公式の作曲ソフトがあって、それを使う方も多いですね」

――では、そういうタイプの方の曲も聴いていただきましょう。「Saitone」さんという方で、メイン機材はゲームボーイです。でも、楽曲はいわゆるゲームの曲とは全然違う、ゴリゴリのテクノというか、電子音楽なんです。

Saitone/Overlapping Spiral

山村「あ、本当だ、全然違う!」

ヒゲドライバー「こういったタイプの、ゲーム機を中心に使って、いわゆるゲーム音楽には聴こえない楽曲を作る方もいるんですよ」

「私、知らない間にチップチューナーだった!」

――ヒゲドライバー先生は、どんな位置取りなんでしょう?

ヒゲドライバー「ゲームでは聴こえないような音も、パソコンで合わせて楽曲にしています。ピコピコ音は、要素として入れている、という感じですね。

だから、「チップチューンをやってます」って言うと厳密には違ってしまうので、「ピコピコ系ミュージシャン」と自称しているんです」

――では、ヒゲドライバー先生が制作された楽曲も聴いていただきましょう。 島ゆいかさんと飯田來麗さんのユニット、「スピカの夜」に提供された楽曲『SPICA』です。

スピカの夜/SPICA

山村「すごくイイですね! ワタシ、VOCALOIDの曲で、こういうタイプの曲があって、それもすごく好きで…。なんていう曲だったかな…。あ、「sasakure.UK」さんの『*ハロー、プラネット。』っていう曲です」

ヒゲドライバー「おお、sasakure.UKさんは個人的にも親しくさせていただいています。すごく有名な曲ですよね」

――では、こちらも聴いてみましょう。

sasakure.UK/*ハロー、プラネット。

ヒゲドライバー&山村「懐かしい!」

山村「私、本当にこの曲が大好きなんです。何度も何度も聴いていました」

ヒゲドライバー「この曲、僕も大好きですよ! 音の使い方もとてもいいですよね。『星のカービィ』や、『MOTHER』といった任天堂ゲームの雰囲気をよく出していて」

山村「あー、『MOTHER』の音楽が大好きなんです! 私、知らない間に結構チップチューナーだったんですかね?(笑)」

「たくさんの人にピコピコサウンドを聴いてほしいんです」

――どうやらそのようですね(笑)。sasakure.UKさんはどのように制作されているんでしょう?

ヒゲドライバー「僕と同じように、パソコンのソフトシンセが中心ですね。いわゆるDTMです。有名アーティストの「YMCK」さんが開発された「Magical 8bit Plug」を使っている人が多いと思います」

――ちょうど、話題に出たので、「YMCK」の楽曲も聴いていただきましょう。名曲がたくさんあるんですが、その中でも『左折して右折して』です。

YMCK/左折して右折して

山村「これまでの曲も刺さったけど、この曲、すっごく好きです…! それに、なんだか聴いたこともある気がします」

ヒゲドライバー「YMCKさんの曲は、TVのBGMでもすごく使われているんですよ。だから一度は聴いたことがあると思います。アニメのエンディングテーマもされているし、声優さんに楽曲を提供されたこともありますね。

アニソンやアイドルソングに、ピコピコサウンドを少し取り入れる、ということはとても多いんですよ」

――たしかに、一部にこういう音が入っている楽曲はありますよね。チップチューンがメインではない方の曲も聴いていただきましょうか。スコットランドの有名EDMアーティスト「Calvin Harris」も、ピコピコサウンドをフィーチャリングした曲を発表しています。

Calvin Harris/Bounce ft. Kelis

ヒゲドライバー「このピコピコした音って、すごい目立つんです。ギミックとしては使いやすいから、特にダンスミュージックではいろんな人が使うんです」

山村「なるほど…。音にすごく存在感があるんですね!」

ヒゲドライバー「でも、ピコピコ音だけで音楽を作るという人がなかなかいないんですよね。作っていくと、やっぱりいろんな音を足したくなるんです。一曲ぐらい作ってみる、という人はいても、継続的に純粋なチップチューンを作っていく人は限られてしまう」

山村「制限があるからこそ、出来るところもあるんですよね?」

ヒゲドライバー「そうなんですが、そこがネックになっているんですよ。一般の方にとっては、「へぇ〜、すごいね」で終わっちゃう。

どんどんコアな方向に向かうのもいいけれど、僕はなるべく広い人に聴いて欲しいんです。今回の『Pico Pico: Impossible 2』は、そういう意味もあるイベントなんですよ。ピコピコ系も、そうでない人も、いろいろなジャンルの方が出演するので」

「ピコピコサウンドで、カービィの世界に入りたい!」

――最近すごい活躍なのが、「TORIENA」さんという女性アーティストです。MVの映像もとてもかわいいんですよ。カービィがお好きな山村さんにも刺さるかも…。

m7kenji × TORIENA/KANDI PIXEL Z

山村「わぁ、すごい、ゆめかわいい!」

――動画サイトをご覧になるようなら、この曲はご存じでは?『大江戸コントローラー』という曲で、TORIENAさんはヴォーカルで参加されています。動画サイトでリミックスがかなり流行したんですよ。

Yunomi feat.TORIENA/大江戸コントローラー

ヒゲドライバー「こうやって聴くと、この曲はVILLAGE VANGUARDさんのイメージにピッタリですね。僕もヴィレヴァンさんにはお世話になっているので、たくさん黄色いPOPにコメントを書きましたよ。何度ピコピコって書いたかわからない(笑)」

山村「曲名は知っていました。ヴィジュアルもすごくオシャレですね。ファッションにゲーム機を取り入れていたりして…。本当にゲームを愛していらっしゃるのが伝わってきます」

――山村さん、この短い時間で、ピコピコカルチャーに対してものすごく理解が深まっていますね! さすがです。今後、こうしたピコピコサウンドに乗せて、山村さんがヴォーカルをとることもありそうですね。

山村「ぜひやってみたいです!」

ヒゲドライバー「その際は、ぜひお声かけください(笑)」

山村「はい! 自分もゲームの一部になったみたいになりそう…」

――おお!それはすごい!山村さんがカービィの世界に…。

山村「わー、入りたい! すっごく入りたいです!」

「私がイイな!と思った世界に入ってきてほしい」

――さてさて、6月16日に『Pico Pico: Impossible 2』が開催された直後、6月21日にはアルバム『ヒゲドライバー4UP』がリリースされます。山村さんも参加されているんですよね。どんな内容になりそうですか?

ヒゲドライバー「がっつりピコピコサウンドで作っているものから、ちょっとだけ入っているものまであります。ピコピコにこだわり過ぎず、広くに届けたいんです。こういう世界もあるよ、っていうのを皆さんに、聴いていただきたいですね。」

――山村さんは、今回ピコピコサウンドの世界を覗いてみて、いかがでしたか?

山村「こんなジャンルがあることを知れたので、すごく新鮮でした。知らないのは損ですね! 少しでも気になる方は、気軽に聴いてみていただきたいです。

気軽に入ってみたら、こんなに楽しいんだって感じて頂けると思います。今日、私がイイな!と思った世界に、皆さんにも入ってきてほしいです」

――山村さんが『Pico Pico: Impossible 2』に出演するのがきっかけ、でもいいですよね。

山村「アニメファンの方って、ゲームも好きな方が多いじゃないですか。そこがうまくつながればいいですね」

ヒゲドライバー「言ってしまえば、『カービィ』シリーズをやったことがある人は、日本にいっぱいいるんですよ。そういう人がこの音に触れてくれたら、もっと広がると思うんですよね」

山村「私みたいな人がいっぱいいるわけですね…!」

――いろいろな方にピコピコサウンドが広がると良いですね! 今日はありがとうございました!

ヒゲドライバー&山村「ありがとうございました!」

山村響さんをトリコにしたピコピコサウンド、あなたも『Pico Pico: Impossible 2』で体験してみませんか? きっと新しい世界が開けるはず!

イベント情報

<Pico Pico: Impossible 2 開催・チケット発売中!>

【公演日】 2017年6月16日(金) 開場 18:00 / 開演 18:30
【会場】 渋谷clubasia
【チケット料金】 前売り券: ¥4,000 / 当日券¥4,500 入場時ドリンク代¥500別途

【一般発売日】 2017年5月27日(土)10時〜 チケットぴあにて発売中 Pコード: 332-104

【出演アーティスト】
ヒゲドライバー/山村響/新菜まこ/Sharaku Kobayashi/FIREVOLT fromライブレボルト/MC8bit/Taku Inoue/fu_mou

リリース情報

<ヒゲドライバー 4thアルバム 『ヒゲドライバー 4UP』発売>

【発売日】
2017年6月21日(水)発売
※6月16日イベント会場にて先行販売あり

【価格】
¥2,600(本体)+税

【収録予定楽曲】
「ガールズエンド」/「マカロンが食べたい feat.小澤亜李」/「2P PLAY feat.MC8bit」/「NO PARTY, NO PARTY feat.ハヤシ(POLYSICS)」/「キミが音楽を聴く10の理由 feat.山村響」ほかインスト曲含め全12曲収録予定

※収録内容は変更になる可能性があります。

チケット発売中!

ピコピコワールドを体験してみよう!

チケットを購入