ガイドブック「るるぶ」が手がけるご当地料理バル!! 旅のプロ編集者が選ぶ全国の美味しいものを味わえるんだって

写真拡大


旅の情報がぎゅぎゅっと詰まった『るるぶ』。観光スポットからご当地グルメに宿泊施設の情報まで、トラベラーに必要な情報満載のガイドブックです。

そんな『るるぶ』が、なんとバルをオープンするんだって! そのコンセプトが、素晴らしい……『るるぶ』編集者=日本を知り尽くした旅のプロたちが、全国各地で見つけた美味しいものを紹介するのだそう! ステキすぎ!!

その名も、「editor’s fav るるぶキッチン」。日本津々浦々を知る編集者のお気に入り、という名前なわけですから。期待しちゃいますよね! ちなみにオープンは、6月15日。この日開業となる「赤坂バル横丁」の1店を構成するようです。

【食で国内旅行気分を楽しもう!】

るるぶキッチンでは、期間を決めて、ある土地にフォーカスした当地メニューを提供。現地から仕入れる旬の食材を活かしたオリジナルのご当地メニューが味わえるそうですよ。

店内では、メニューブックや映像を通じて地域食材や観光のプロモーションも行われるので、その地域の魅力も知ることができるんです! 

【オープン時は「岩手県宮古市」がテーマ】

オープンからの1カ月間は、海の幸と山の幸に恵まれた「岩手県宮古市」がテーマ。サクラマスや山菜など、地域の食材を使ったオリジナルメニューが楽しめます。復興支援・観光PRも行われるそうですよ。

こうして見てみると、るるぶキッチンは日本各地の特産品を扱うアンテナショップをブラッシュアップした、っていうイメージかも? 旅好きなひとはもちろん、旅行したいのになかなか時間が取れないひとも、訪れれば旅気分が味わえること間違いなしです!

参照元:プレスリリース
執筆=sweetsholic (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む