ソフトバンクは5月29日、新卒採用選考に、IBMが開発した人工知能(AI)プラットフォーム「IBM Watson」を導入すると発表しました。

エントリーシート確認時間を75%削減

ソフトバンクの発表によると、IBM Watsonを導入するのはエントリーシートによる書類選考で、IBM Watsonに応募者のエントリーシートを読み込ませると、自然言語分類によって内容を認識、評価が提示されるそうです。
 
合格基準を満たす項目は選考通過として、それ以外は人事担当者が内容を確認して合否の最終判断を行う、とのことです。
 
ソフトバンクはIBM Watsonの導入により統一された評価軸で公平な選考を目指すことができるほか、人事担当者がエントリーシートの確認作業時間を75%削減できることにより応募者との対面コミュニケーションの充実をはかる、としています。
 
担当者によって判断の基準がぶれることなく、均一な条件で処理するAIの得意分野と、対面でのコミュニケーションという人間ならではの感覚を活用する事例と言えそうです。

携帯ショップや日経の記事作成でも進むAI活用

人工知能の活用は、私たちの身近な分野でも着実に拡大しています。
 
ソフトバンクは、ショップでの顧客対応にもIBM Watsonを導入し、料金プランや割引などの複雑な条件を説明など、接客を担当するスタッフの業務効率化を図っています。
 
先日は、日本経済新聞が東京大学、徳山大学発ベンチャーと共同開発した人工知能システムを使い、「決算サマリー」記事の文章作成から配信まで、人の手を一切介さずに行う記事配信を開始して話題となっています。
 
 
Source:ソフトバンク
(hato)