「泥棒野郎、泥棒様」少女時代 ソヒョン、イム・ジュウンを守るおてんば女子高生として初登場

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「泥棒野郎、泥棒様」で少女時代 ソヒョンが初めて登場した。

昨日(28日) 午後、韓国で放送されたMBC週末ドラマ「泥棒野郎、泥棒様」第6話では、8年後、フェンシング国家代表選手になったチャン・ドルモク(チ・ヒョヌ) と、おてんば女子高生カン・ソジュ(ソヒョン) の姿が描かれた。

飴を口にくわえて友達と騒がしくゲームをしていたカン・ソジュは、学級委員長のユン・ファヨン(イム・ジュウン) の言葉に従い、クラスを静かにさせた。

また、カン・ソジュはユン・ファヨンに告白しようとする男子生徒らを蹴って「あなたたちのせいでファヨンちゃんが疲れるんだよ」と警告し、男子生徒らは逃げていった。