30歳の女優エミー・ロッサムが現地時間28日、9歳年上の脚本家で監督のサム・エスメールと結婚した。

エミーは映画『Comet』(14)で脚本と監督を務めたサムと2013年8月に交際をスタートし、2015年に婚約。そして、2人がニューヨークで結婚したとゴシップ誌「ピープル」が伝えた。同誌は前日の現地時間27日にサットンプレイス公園で撮影されたエミーとサムのリハーサル写真を公開。エミーは白のロングワンピースを着て、サムと仲良く寄り添ってポーズをとっていた。

また、ウエディングドレスについて、エミーが結婚式でCarolina Herrera[カロリーナ・エレーラ]のカスタムドレスを着用すると決めていたとゴシップサイト「E!ニュース」は明かしている。

エミーは2008年から2010年まで音楽プロデューサーのジャスティン・シーゲルと結婚しており、今回で2度目の結婚となった。

結婚する前のエミー・ロッサムとサム・エスメール監督 (c)Imagecollect.