チュウォン&オ・ヨンソ主演「猟奇的な彼女」ハイライト映像を公開…本日(29日)放送開始を前に熱い反応(動画あり)

写真拡大

本日(29日) 夜10時、韓国でいよいよ放送が始まるSBS新月火ドラマ「猟奇的な彼女」(脚本:ユン・ヒョジェ、演出:オ・ジンソク) がドラマの主な流れを確認できる6分のハイライト映像を公開し、熱い反応を引き出している。

「猟奇的な彼女は」明晰な頭脳と優しさを持つ朝鮮最高の魅力的な男キョヌ(チュウォン) と猟奇的でハツラツとした彼女、へミョン姫(オ・ヨンソ) の愛を描いたロマンス時代劇。朝鮮時代の青春男女の魅力的な恋愛ストーリーが、重みのある宮中の暗闘を背景に描かれる。

公開されたハイライトは約6分の長さで、キョヌと彼女の偶然な出会いから、言い争う過程、切ない気持ちまでスペクタクルに構成され、視聴者の視線を一気に引き付ける。

映像は、10年前に捏造された陰謀で廃妃になったハン氏(イ・ギョンファ) 事件を巡る王のフィジョン(ソン・チャンミン) とチョン・ギジュン(チョン・ウンイン)、王妃のパク氏(ユン・セア)、チュソン大君(キム・ミンジュン) 間の政治的なストーリーで始まる。緊張感が溢れ、重みのあるタッチが好奇心を刺激している。

10年後、清での留学を終えて元子(ウォンジャ、まだ世子に決まっていない王の長男) の先生に選ばれたキョヌと、問題児な姫に育ったヘミョンが何度も絡むことで、二人の波乱万丈な恋愛ストーリーが繰り広げられる。

特に彼女のあらゆる猟奇的な奇行にやられた後、おてんばな女性は大嫌いというキョヌだが、いつのまにか「何度もまぶたに浮かぶ」「僕が姫様を守ります」と言う姿が、見る人のトキメキ指数を高めている。

また、殺伐とした宮中暗闘に巻き込まれた姫に危機が訪れた後、さらに興味津々な展開がありそうだ。危機に陥った彼女とキョヌの間で繰り広げられる切ない物語に、さらに期待が集まっている。

このように、朝鮮時代を背景に一層斬新に構成を変えてお茶の間にやってくる「猟奇的な彼女」は、100%事前制作で完成され、俳優たちの演技と映像、何一つぞんざいにすることなく力を入れた。新たな設定に愉快な雰囲気と、しっかりとしたストーリーが加わり、韓国で毎週月、火曜日に視聴者を魅了する準備を終えた。

ドラマの全般的な内容と中心となるシーンを盛り込んだハイライトを公開し、話題の中心になったSBSの新月火ドラマ「猟奇的な彼女」は、韓国で本日(29日) の夜10時に第1話が放送される。オンエアの前に韓国で午後7時20分からは、スペシャル放送「『猟奇的な彼女』プレビュー」が編成され、2倍の楽しさを届ける予定だ。