イタリア戦で2得点を決めた堂安律【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20日本代表のMF堂安律を、韓国メディアが称賛している。

 韓国で開催されているU-20ワールドカップで、日本は27日にイタリアと対戦。試合開始7分で0-2とされる苦しい展開だったが、堂安が2得点を決める活躍を見せた。

 1点目は遠藤渓太が左サイドから上げたクロスに飛び込んでかすかに軌道を変えてゴールに流し込み、2点目はドリブルで相手DFを次々とかわして決めたものだった。最終的に日本は2-2の引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出を決めている。

 韓国TV局『WOW TV』は、堂安のプレーを日本代表ストライカーのプレーに例えて報道している。

「懸命に走ってチャンスを狙い、最後には報われた。彼のプレーは日本代表の岡崎慎司を連想させる。豊富な運動量と誠実なパフォーマンスは国民を満足させた」

 決勝トーナメント1回戦で、日本はグループBを首位で通過したベネズエラと30日に対戦することが決まっている。

text by 編集部