【超WS選定週間ベストイレブン/J1第13節】7連勝柏のMF武富孝介が出色のパフォーマンス! C大阪MF山村和也も文句なしの選出

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第13節の延期分を除く7試合が27日から28日にかけて開催された。超WS編集部が第13節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第13節の超WS選定J1週間ベストイレブン

GK:飯倉大樹

DF:松原健、中澤佑二、マテイ・ヨニッチ、永戸勝也

MF:山村和也、ソウザ、武富孝介

FW:ウーゴ・ヴィエイラ、クリスラン、クリスティアーノ

◆寸評

GK飯倉大樹(横浜F・マリノス/初選出)

▽勝利を呼び込むビッグセーブ。落ち着いた対応でピンチの芽を摘んだ

DF松原健(横浜F・マリノス/初選出)

▽左足の強烈シュートでプロ初ゴール。攻守にアグレッシブさを貫いた

DF中澤佑二(横浜F・マリノス/2回目)

▽J通算550試合の出場。経験に裏打ちされた冷静な対応が光った

DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/3回目)

▽正確なロングフィードでアシスト。Kリーグベストイレブンの実績は伊達じゃない

DF永戸勝也(ベガルタ仙台/初選出)

▽1アシスト。クロッサーとして多くのシュートチャンスを作り出しつつ、守備面も◎

MFソウザ(セレッソ大阪/2回目)

▽読みの鋭い動き出しでボールの回収役として広範囲をカバー

MF山村和也(セレッソ大阪/3回目)

▽1ゴール1アシスト。動きはもはやストライカー

MF武富孝介(柏レイソル/初選出)

▽2ゴール1アシストの大活躍で今節のMOM。攻撃センスを遺憾なく発揮した

FWクリスティアーノ(柏レイソル/2回目)

▽自身は1ゴールも、全4得点に絡むハイパフォーマンス

FWウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス/初選出)

▽スクランブル出場で2発。抜け目のないストライカーとして十分な働き

FWクリスラン(ベガルタ仙台/2回目)

▽途中出場からの2ゴールで逆転勝利を呼び込む。2点目は圧巻だった