【フットサル大賞選考会ぅ泪鵝Εブ・ザ・シーズン】大賞は文句なしでアルトゥールに決定。「見ていてすごく面白かった」

写真拡大 (全3枚)

▽国内の6つのフットサルメディアが立ち上げた「フットサル大賞」。既存の枠に捉われることなく、純粋に2016-2017シーズンを振り返り、フットサル界の現状を見ながら議論を交わすなかで生まれた特別賞は、前の記事でも触れた「がっかり賞」と、小曽戸允哉の「広報活動賞」、Fリーグ育成組織の選手の「未来賞」。そして、長時間の話し合いの最後に、大賞の「マン・オブ・ザ・シーズン」は満場一致でアルトゥールに決定した。選考審査の模様を全4回にわたって掲載する、第4回目。これを読めば、新シーズンの開幕が待ち遠しくなることは、間違いない──。

■本文

【フットサル大賞選考審査参加者】

菊地芳樹(ストライカーDX)※審査委員長

太田武志(フットサルナビ)

河合拓(FutsalX)

川嶋正隆(超ワールドサッカー)

軍記ひろし(Futsalgraphic)

本田好伸(FutsalEDGE)

【特別賞/広報活動賞】

◆アカウント運用を依頼したいくらい優秀で誠実な小曽戸允哉

(C)CWS Brains,LTD.
菊地:では続いて、他にも何か特別賞をつくりますか?

太田:やっぱり、小曽戸允哉にはぜひ賞をあげたいですよね。ファンサービスというか、発信力の部分で。

川嶋:本当に毎回、あれだけ小まめにやってますからね。

本田:もはや媒体のアカウント運用をお願いしたいくらい、すごく優秀で誠実な人だと思います。

軍記:まさか、試合レポートとかもしてるの?

川嶋:さすがにそこまでは(笑)。

菊地:それをやってたら、「ベストプレビュー賞」ですよ。

川嶋:日程とか、週末の試合に向けた告知ですね。でも、現役選手であれだけやっているのがすごい。

河合:しかも、息切れしないで続けているからね。

本田:本当に、かゆいところに手が届く感じです。

菊地:「ベストホスピタリティー賞」?

太田:意味合いとしては、実直なキャラクターにも合うし、「広報活動賞」ですかね。

菊地:では、広報活動賞は小曽戸に決定します!

【特別賞/未来賞】

◆育成年代の裾野はこの10年で確実に広がってきた

菊地:では、引退した選手の話題はどうでしょうか?

軍記:「功労賞」みたいなものをつくります?:でも、シーズン終了前に発表していた選手以外にも、本当にたくさん辞めてるし、評価がすごく難しい。

本田:特定の選手っていうことでもないですからね。

菊地:引退した皆さん、ですね。誰に決めることはできないけど、これまでのフットサル界を支えてきた選手たちが、間違いなくいました。

本田:でも、示し合わせたわけじゃないのに、どうしてこんなに多かったんでしょうか?

河合:ワールドカップイヤーで、しかもリーグ創設から10年というのは区切りだったんじゃないかな。

太田:功労者だとは言え、リーグとして代わり映えしない面もあったから、いよいよ新陳代謝が始まっているってことなのかもしれない。

本田:でも、最後のシーズンにバリバリやっていた選手も多かったし、若い世代に押し出されたっていう印象はないですよね。やろうと思えば、まだまだできたんじゃないかなって思うほど。

河合:下からの突き上げがあって辞めるわけじゃないのは、残念だよね。

菊地:育成はまだ完全に成功しているわけじゃないから、好循環ではない。日本フットサルの場合は、たまたま良い世代がいて、それが集まってまた一時代を築いていくってパターンが合っているんだろうか。

軍記:今は、若い選手も辞めてますよね。大阪の水上洋人は話題になったけど、彼らの行動って、やっぱり今のフットサル界に対しての“抗議"みたいな意味合いもあると思います。

本田:それはあるでしょうね。でも言葉として「引退」って言っちゃうのは、ちょっと寂しい感じです。

菊地:結局、その後で地域リーグとかで続けているケースもこれまではあったし、Fリーグに復帰した例もある。“アマチュア"に引退はないからね。

本田:今、育成の話が出ましたけど、若くて辞めちゃう選手がいる一方で、少しずつ若い選手が出てきているのも事実です。名古屋は以前からそうでしたが、今は浦安やすみだ、府中、町田、大阪の育成組織には、ポテンシャルの高い選手も入ってきてます。北海道や湘南なんかもそうでしょうか。そういう育成組織出身の選手が少しずつトップで成長していけば、いきなりは無理かもしれないけど、この先、今まで以上にFリーグが高いレベルに到達できるかもしれない。

河合:アンダー世代の代表ができて、アジアでもU-20の大会ができたから、それは一つのモチベーションになる。今までならやってなかったような選手が引き付けられてますよね。それに、水上のようなレベルの選手って、これまでフットサルをしてなかった。要するに、引退後を考えずに専念できる家庭環境を持つ選手が多かったのが、ちゃんと自分で生活を考えないといけない選手も始めてるってこと。だからこそ、10年後を見据えるとこれではきついよねってなる。これは裾野が広がってきたと言うことができると思いますよ。だからこそ、フットサルが仕事の一つなるように、各クラブがどうしていくかを真剣に考える時期にきた。

軍記:裾野が広がってきたって言えるのかな?

河合:そこは、各クラブの育成組織もしっかりしてきて、そういう世代のチームが出る大会もできたから。

菊地:大卒ではなく、高卒からダイレクトに育成組織に入る選手が増えたよね。

河合:例えば、今回のU-20 AFCフットサル選手権で代表に入った伊藤圭汰は、北海道の釧路でサッカーをやってきて、フットサルに触れないまま、全日本ユース(U-18)フットサル大会で全国大会を経験した。そこから代表に呼ばれて、「こんな世界があるんだ」って知って、本当は消防士になるつもりだったのに、ペスカドーラ町田アスピランチに入ったからね。そういう選手を拾える環境は少なからずできてきてる。

太田:ただ、裾野は広がりつつあるけど、チーム間の格差は広がってる。

河合:それはもう、各クラブの努力次第だよね。

太田:育成組織からトップに上げられる仕組みを整えつつあるクラブと、ほとんど手を付けられていないクラブと。この二極化は、この先もFリーグを続けていったら、もっと大きな差になる。

河合:ちゃんと運営しているクラブは、試合で利益を出せるから、試合が減ったら困るけど、逆に試合をすると体育館の使用料金がかさんで困るってことで、試合を減らしてほしいと言うクラブもあるし。

太田:新シーズンから、チャレンジリーグにすみだ、町田、名古屋の育成組織が入ったから、それは今後、若い選手がもっと揉まれていって、彼らが成長することでチーム力も上がって、将来的に、クラブはどんどん高いレベルになっていくんじゃないかな。そこに関しては、リーグの明るい展望だと思う。

菊地:それって、今まさに変わってきているところだから、「未来賞」ということでもあるね。

太田:やっぱり、前からちゃんとやってきた名古屋の育成組織出身の選手ってすごく多いし、質も高い。

河合:他のクラブがまだまだ動けてなかった頃からやってるしね。

太田:名古屋の育成組織は年齢制限があるんですよね。

河合:そうそう。大薗諒はそれで育成組織にいられなくなるから、フウガドールすみだに移籍した。

太田:他のクラブは、「育成組織」とは言え、「サテライト」、「アスピランチ」が意味する「2軍」だから、年齢制限ってないんじゃないかな。

軍記:名古屋の場合は、純粋に育成部門って感じだね。

太田:でも、名古屋だけの供給源だったのが、今では他のクラブも選手を供給できるようになった。これは間違いなく、リーグ10年間で発展してきたことですね。

本田:ちゃんと、積み上げてきたものが、形になってきた良い例だと思います。

菊地:では、未来賞は、「Fリーグ育成組織の選手」ということにしましょう。

◆右に出る者はいない、解説者・北原亘のクオリティー

菊地:そろそろこの選考審査も終盤ですが、まだ何かありますか?

本田:一つだけ触れたいのは、解説者としての北原亘。セントラル開催で「J SPORTS」が中継に入って、全日本選手権では「AbemaTV」がライブ配信しましたけど、そのときの北原のスタンスが素晴らしかった。フットサルを見ていない人をちゃんとイメージして語りながらも、選手のパーソナルな部分を話したりもしたし、必要であれば取材もしていたりして。

軍記:その貢献度は高かったよね。今、フットサル委員の一人でもあるけど、やっぱりフットサル界の現実をよく知っている分、どれくらい頑張らなきゃいけないかをすごく理解しているんだと思う。

菊地:そのまま、フットサル委員長へと上がって、協会のポストに就いて、フットサル界の中枢として、還元していってもらいたいよね。僕も解説をしてますが、あれは右に出る者はいないですよ。ホントにすごい。

太田:それと、AbemaTVのクオリティーの高さにはただただ感動した。新シーズンに向けたもう一つの明るい話題はそれじゃないですかね。映像の乱れとかもないし、画質もそうだし、シュートを打った選手の顔がアップになって選手情報が出たりして。今までにないレベルですよ。

川嶋:その通りですね。J SPORTSはもちろん質が高いですから、新シーズンは両方で楽しんでもらうと良いですね。

【マン・オブ・ザ・シーズン】

◆本当に、アルトゥールのシーズンだった

(C)CWS Brains,LTD.
菊地:さて、いよいよ最後の大賞を決めましょう。

太田:これは僕から言わせてください。

一同:どうぞ。

太田:甲斐修侍でお願いします。以上です。

菊地:どうですか、皆さん?

本田:なぜですか?

太田:それは、甲斐修侍だからです。

河合:なるほど(笑)。でもあれだね、趣旨的にはシーズンのものだから。甲斐さんはやっぱり、何十年という貢献があって、昨シーズンに引退した。シーズンという捉え方では、甲斐さんじゃないかな。

軍記:甲斐さんがこの話題に出てきたら、もはや誰も勝てないでしょ。

川嶋:プレー面の活躍だけではなくて、象徴的ってことでは、甲斐さんも該当しますけどね……。

軍記:アルトゥール!

川嶋:アルトゥールですかね。

河合:アルトゥールか、木暮賢一郎監督だね。

菊地:これまでの流れだと、アルトゥールか、木暮賢一郎か、デス表紙でしょ。

一同:(笑)。

菊地:もしくは、「アルトゥール-チアゴライン」っていうのは?

太田:そういうの、うまいなぁ。でも、プレーにしちゃうとね。

本田:じゃあ、フットサル大賞は「アルトゥール-チアゴライン」です!:って、なんだそれって感じに(笑)。

菊地:それは間違いないね。

河合:いきなり、流行語のようになっちゃう。

本田:受けて決めるチアゴか、出し手のアルトゥールか。

太田:「アルトゥールの縦パス」、でも良いよね。「MVPは縦パスです!」。え、パス?:って。

川嶋:まさかの、MVPの「P」はパスの「P」という。

太田:それ、ボールが主役ですね。「SFIDA」の公式試合球「INFINITO(インフィニート)。昨シーズンは、ボールが良い仕事をした、と。

一同:(笑)。

菊地:もちろん、今後はそういうシーズンがあっても良いかもしれないけど……。じゃあ話を戻しますが、みなさん、アルトゥールですね。

太田:ここは文句なしだと思います。

本田:FリーグでMVPを獲れなくて、じゃあどこで獲るんだって、ここでしょ。

川嶋:リーグでも、満場一致だと思っていたから、選手もビックリしてましたよね。小曽戸も、「え、俺?」ってなってた。ヴィニシウスとかが、おめでとうって祝福してくれたことで、ようやく本人も喜びが出た感じ。

軍記:そこは、事前に知らないんだね。

川嶋:そういうことだと思います。ベスト5は知らされていると思いますけど。

河合:確かに、表彰式の後に話したら、「アルトゥールだと思っていたら俺だったのでビックリりしました」って。

本田:でも本当に、アルトゥールのシーズンでしたよ。

菊地:ああやってダイレクトで蹴っていいんだって思った。

太田:ピヴォ当てのダイレクトですね。あれって実は、かなり怖いと思います。勇気がいる。

菊地:基本的には、2タッチで回しているから、名古屋のような安定したパス回しもあるけど、そのリズムを崩してミスマッチを突くには、もちろんダイレクトが必要。でも、ミスも多くなるし、なかなかみんなやらない。それをドンドン入れていくから、見ていてすごく面白かった。

太田:大阪は、ちゃんとダイレクトのピヴォ当てのパターンがいくつかあって、それが確立していた。

本田:ジョガーダってやつですね。

菊地:では、マン・オブ・ザ・シーズンはアルトゥールで決定です!

一同:異論なしです。おめでとうございます!

【フットサル大賞2016-2017】

■選考対象期間:

2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)

■選考対象者:

国外で活動する日本人を含む、国内選手および指導者、スタッフなど

■選考審査参加媒体:

菊地芳樹(ストライカーDX):※審査委員長

太田武志(フットサルナビ)

河合拓(FutsalX)

川嶋正隆(超ワールドサッカー)

軍記ひろし(Futsalgraphic)

本田好伸(FutsalEDGE)

■表彰::※所属クラブは2016-2017シーズン

「マン・オブ・ザ・シーズン」

アルトゥール(シュライカー大阪)

「ベスト5」

アルトゥール(シュライカー大阪)

チアゴ(シュライカー大阪)

中井健介(ペスカドーラ町田)

星龍太(名古屋オーシャンズ)

西谷良介(フウガドールすみだ)

「ベスト監督賞」

木暮賢一郎(シュライカー大阪)

「ブレイク賞」

加藤(シュライカー大阪)

■特別賞:

「広報活動賞」

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

「未来賞」

Fリーグ育成組織の選手

「がっかり賞」

フットサル日本代表