平壌で22日、大型スクリーンに表示された北朝鮮メディアの番組で、弾道ミサイルの発射を報じる(KIM WON-JIN/AFP/Getty Images)

写真拡大

 菅義偉官房長官は29日朝、首相官邸で行った緊急記者会見において、午前5時40分頃、北朝鮮は新たに弾道ミサイルを発射したことを明らかにした。

 長官によると、北朝鮮の東岸から発射されたミサイルは日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。現時点では、同地域での航空機や船舶への被害は確認していない。

 長官は「極めて問題のある行為で国連安全保障理事会決議の明白な違反だ」とし、「北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い表現で非難した」と述べた。

 いっぽう米CNNによると、韓国軍合同参謀本部が同日に発表した声明では、同ミサイルは北朝鮮東部の江原道元山付近で発射されたもので、液体燃料を使う短距離「スカッド」系列のミサイルと推定した。同ミサイルは450キロ飛行した。

 韓国軍は現在詳しい状況を分析中だとした。

 北朝鮮は5月14日中長距離ミサイル「火星12」を、21日中距離ミサイル「北極星2」を発射した。最近、1週間ごとに弾道ミサイル発射を行っている。

 今後、朝鮮半島をめぐる国際情勢がさらに緊迫するとみられる。

(編集・福田 春代)