防弾少年団 RAP MONSTER、ビルボード受賞について言及「本当に夢のようだった」

写真拡大

RAP MONSTERが防弾少年団の「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」での受賞について言及した。

昨日(28日) 韓国で放送されたMBC「セクションTV芸能通信」では、「ビルボード・ミュージック・アワード 2017」の「Top Social Artist」賞を受賞した防弾少年団のリーダーRAP MONSTERと電話でインタビューを行った。

RAP MONSTERは「シドニーでコンサートを終えてたった今帰国した」と言い、ビルボードのステージに立った感想については「本当に夢のようだった。小説に出てくるような眺めだった」と話した。

続いて「Drake(ドレイク) に会ったのが一番感動した。DJ Khaled(DJキャレド)、Miley Cyrus(マイリー・サイラス) もいて、とても不思議な感覚だった。Halsey(ホールジー)やMachine Gen Kelly(マシン・ガン・ケリー) とは話もした」と伝えた。