世界選手権でも注目が集まる平野美宇【写真:Getty Images】

写真拡大

世界が注目の17歳、世界選手権V本命・丁寧の対抗馬1番手と英メディア予想

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は28日(日本時間29日)、現地で組み合わせ抽選が行われた。日本勢で期待が集まるのは、女子シングルスの17歳、平野美宇(エリートアカデミー)。史上最年少のアジア女王に海外メディアも注目し、平野を女王打倒の1番手に挙げている。

 日本の17歳は、今や世界の注目の的になっている。

 英スポーツメディア「insidethegames」は抽選結果を受け、今大会の展望を掲載。V本命に挙げたのは、世界ランキング1位でリオデジャネイロ五輪金メダルの丁寧(中国)だ。

「オリンピックと前回大会覇者の丁寧がトップシードとして自身3度目の優勝を狙う」

 真っ先に名前を挙げ、最も今大会のチャンピオンに近い存在と目し、「日本のカスミ・イシカワが順当であれば、準々決勝で迎え撃つことになるだろう」と記述。8強で石川佳純(全農)と激突することになると予想している。

無敵の世界女王女王撃破へ、名前が挙がったのは…「ミウ・ヒラノ」

 しかし、無敵の世界女王撃破へ、名前が挙がったのは「ミウ・ヒラノ」だ。

「中国勢以外の選手による優勝へ向け、最も期待が高まるのは、イシカワのチームメイトであるミウ・ヒラノだ」

 このように記述し、平野がアジア大会で丁寧を破って優勝したことを紹介。卓球界を席巻する中国勢を打ち破り、最も世界女王に輝く可能性が高い存在として日本の17歳は注目を浴びている。

 抽選の結果、平野は準決勝まで中国勢との対戦を回避できる組み合わせとなり、丁寧と激突するのは、その準決勝となる。

 アジア選手権で世界ランク1、2、5位をなぎ倒して以降、苦杯を舐めた中国勢は平野の“コピー選手”を4人投入し、特訓に励んできたというが、果たして、平野VS丁寧の注目カードで成果は表れるか、注目だ。