消費者のニーズに合わせて商品を販売することは商売をしていくうえで当たり前のことだ。日本人消費者にとって「中古車」は非常に身近な存在だと言えるが、世界最大の自動車大国となった中国では中古車は、まだ消費者のニーズに合致した存在とは言えないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 消費者のニーズに合わせて商品を販売することは商売をしていくうえで当たり前のことだ。日本人消費者にとって「中古車」は非常に身近な存在だと言えるが、世界最大の自動車大国となった中国では中古車は、まだ消費者のニーズに合致した存在とは言えないようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の中古車販売台数は新車販売台数を上回っているのに、「なぜ中国人は中古車を購入しないのか」と疑問を投げかけ、その理由を考察する記事を掲載した。

 記事はまず、多くの人が知っていることとして、「ヨーロッパやアメリカ、そして日本など、自動車産業の発展している国において、中古車やクラッシックカーなどの中古車産業も新車販売市場に負けてはいない」と紹介した。では、なぜ中国の中古車市場はまだ発展していないのだろうか。

 その理由として、米国で有名な中古車情報誌やヨーロッパにおける中古車販売のインターネットサイトを例に挙げ、「中古車市場が拡大していくには、自動車文化、消費の概念、政府の政策などが関係してくる」が、中国では「中古車市場についての情報が不足していることに加えて、中古車の走行距離を偽るなど悪いことをたくらむ人も多い」ことを紹介。ゆえに、「中国の消費者は、中古車を購入することに二の足を踏んでいる」と紹介した。

 さらに、中古車市場の不透明さも中古車市場が拡大していかない理由だとした。例えば、車の程度や修理回数や状況について、消費者が購入するときにはそうした情報が提供されない場合も多いと指摘。購入後、車に問題が発生した場合、誰が責任を負うのか、誰が処理する問題なのかも明確ではない。「多くの中古車業者は、問題が発生しても責任を負わない」ことも中古車市場発展の妨げとなっている理由だとした。

 中国においても、経済力に限りがある人にとって中古車はとても良い選択肢だ。だが、多くの中国人は、「豪華な中古車ではなくてコンパクトな新車を選ぶ」と紹介した。理由として、中古車は「後々多くの費用が必要になってくる」ことだと紹介。しかし、近年、中国の中古車業者が提供する中古車の質が向上してきていることも紹介し、消費者の懸念を払拭できれば、今後、中国の中古車市場も発展を見せるだろうと結んでいる。

 現在の中国で暮らすうえでは商品に対する「目利き」が重要となる。偽物や粗悪品をつかまされる可能性があることを前提として、買い手がしっかりと商品の質を見極めてから購入しないといけないのが現状だ。中国の中古車市場の発展の鍵を握っているのは消費者が安心して購入できる環境整備ということなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)