画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ヴィルレ ウィークリーインジケーター ラージデイト 8デイズ(Ref. 6637-3631-558)

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ブランパンは、同社を象徴する「ヴィルレ」コレクションと、エクストリーム・スポーツウオッチ「フィフティ ファゾムス」コレクションから新作を発表。

ブランドの出自から名付けられたヴィルレ(ブランパンが初めて工房を構えた村の名前)と、現在のいわゆる「ダイバーウオッチ」のスタイルを作り上げたフィフティ ファゾムスという看板コレクションに、今、スポットライトを当てたその意味とは……?(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて税別)

○ヴィルレ ウィークリーインジケーター ラージデイト 8デイズ(Ref. 6637-3631-558)

前段でも触れたように「ヴィルレ」とは、ブランパン創業の地名である。つまり、そこには1735年に創業したブランパンの伝統とアイデンティティが込められている。高級時計としての繊細なエレガンスも、そのひとつだ。

ヴィルレ コレクションの新作(Ref. 6637-3631-558)は、ダイヤルに美しいグラン・フー・エナメル(高温焼成エナメル)を使用。これは、ベースプレートにエナメルパウダーを何度も塗りながら800度の高温炉で焼成する手法で、柔らかみのある白が美しく、長年変質しにくい利点がある。ただしその一方、熟練の技術も要求される。ちなみに、繊細なブランパンロゴとインデックスはエナメルペイント。

ムーブメントから自社生産するマニュファクチュールだからこその、コンプリケーション(複雑機構)も魅力だ。「ヴィルレ 8デイズ」は、6時位置のデイト窓と9時位置の曜日表示インダイヤルに加え、ダイヤル外周の53週表示、それを指し示すサーペント(蛇)針を持つ。なお、週表示の針が進むタイミングは日曜から月曜に変わる瞬間なので、ビジネスウオッチとしても使いやすい。曜日表示と週表示の針は、クラシカルなブルースチールだ。

これらのカレンダーを合わせる操作は、ブランパンが特許を持つ機構「アンダーラグコレクター」で行う。その名の通り、ラグの下に小さなプッシュボタンがあり、これを押すだけで調整が可能。11時位置のコレクターで曜日を、1時位置のコレクターで週を合わせる。ラージデイトを合わせるには、りゅうずを用いる。

ところで、アンダーラグコレクターの目的は、カレンダー操作を容易にするためでもあるが、それだけではない。これら2つのコレクターは時計を着用するとまったく見えず、ダブルステップベゼルを持つレッドゴールド製のケースのアウトラインをすっきりと美しく保つことができるのだ。ブランパンのコンプリケーションは、時計の洗練された美しさを実現するための技術でもある。

自動巻ムーブメントには、シリコン製ひげゼンマイとチタン製のテンプを採用。パワーリザーブは8日間。ケースサイズは42mm。風防はフロント、バックともサファイアクリスタルで、3気圧防水。ストラップはアリゲーター。価格は355万円で、今秋以降発売予定。

●ブランパンらしい美意識にあふれたタイムピース

○ヴィルレ デイ・デイト(Ref. 6652-1127-55B)

ヴィルレ コレクションから、初の「デイ・デイト」コンプリケーションが新作として登場する。秒針を6時位置のスモールセコンドとして美しく整理されたダイヤルは、ユニークな表情を持ちながらも几帳面に並んだインデックスとシャープなリーフ針、そして3時位置のデイデイト、それらすべての情報を一見しただけで読み取れる視認性の高さが特長。シンプルかつ実用的でありながら、ブランパンらしい美意識にあふれたタイムピースだ。

ムーブメントは自動巻で、ひげゼンマイはシリコン製。テン輪はグルシデュール製。グルシデュールとは3%のベリリウムを含む銅の合金で、磁力や腐食に強い。また、ヴィッカース硬度も380と硬く、精密な調整が行えるという。パワーリザーブは72時間。

ケース素材はSS(ステンレス・スチール)、ケースサイズは40mm。風防はフロント、バックともサファイアクリスタルで、3気圧防水。ストラップはアリゲーター。価格は108万円で、今秋以降発売予定。

●ブランパンの歴史を語る上で欠かせないコレクション

フィフティ ファゾムス オートマティック(Ref. 5008-1130-B52A)

フィフティ ファゾムスもまた、ブランパンの歴史を語る上で欠かせないコレクションだ。1950年から1980年まで、30年にわたりブランパンのCEOを務め、スポーツダイビングのパイオニアでもあったジャン・ジャック・フィスターが陣頭指揮を執って開発。二重密閉構造のりゅうずシステムやケースバックの密閉システム、ベゼルが誤って回転してしまうのを防ぐロック機構といった、数々の特許を取得したヒストリーメーカーである。

ちなみに「ファゾム」は水深計測で使用される単位で、イギリスでは1.8288mを指す(国によって多少異なる)。つまり、フィフティ ファゾムスは、水深91.44mの防水性能を持つという意味になる。

フィフティ ファゾムスは、1953年のフランス海軍を皮切りに、世界各国の海軍で採用。1958年、米海軍でテストされたモデルは、6時位置に新機能である水密性確認ディスクを備えていた。これは、万が一時計の中に水が入り込むとディスク部分の白色が赤に変わって、異常を知らせる機能だ。MIL-SPEC1は、やがて「MIL-SPEC2」に進化。ブランパンは、これを水中爆破部隊や特殊部隊のエリート隊員向け供給する契約を米海軍と締結するに至る。ジャン・ジャック・フィスターが安全性を徹底的に重視して開発したダイバーズウオッチは、こうして米海軍の製造基準にまでなったのである。

2017年版のフィフティ ファゾムス オートマティック(Ref. 5008-1130-B52A)は、このMIL-SPECモデルへのオマージュであり、もちろん水密性確認ディスクも搭載している。自動巻ムーブメントにはシリコン製ひげゼンマイを採用。96時間(4日間)ものパワーリザーブを持つ。ケース素材はSSで、サイズは40.3mm。シースルーバック仕様で、風防はフロント、バックともサファイアクリスタル。30気圧防水。ストラップは、セイルキャンバス、NATOベルト、SS製ブレスレットの3種類をラインナップする。

価格はセイルキャンバスストラップモデルとNATOベルトモデルが139万円、SSブレスレットモデルが160万円。この3タイプ合計で500本の世界限定となる。今夏以降の発売を予定。

さて、便宜上「ブランパンは」と書いたが、実は1932年から1960年までの期間、同社は後継者不在によりマニュファクチュールを譲渡、社名も変更していた。当時の社名は「レイヴィル株式会社、ブランパン後継会社」。米軍に納品されたフィフティ ファゾムスも、ダイヤルには「Tornek-Rayville」(トルネク・レイヴィル)と刻まれていた。レイヴィル(Rayville)はヴィルレ(Villeret)のアナグラムである。そう、フィフティ ファゾムスもまた、ブランパンの源流である地名と精神に縁の深いモデルなのだ。

日本の時計ブランドが電波時計やGPSウオッチで究極の精度を実現し、スイスブランドにもスマートウオッチやコネクテッドウオッチをリリースするメーカーが現れている。そんな時代だからこそ、ブランパンは有名なスローガン「1735年(の創設)以来、ブランパンにはクォーツ時計はありません。これから先もクォーツとは無縁です」を今、あらためていわんとしているのではないか。かつて同社がクォーツショックから機械式時計の文化とスイス時計産業を立て直すリーダー役を担ったように、今再び機械式時計ならではの魅力を声高に発信していく、一見、定番で手堅い選択にも見える今年の新作の背景には、そんな決意が読み取れた。