山本美月と永野芽郁

写真拡大

累計発行部数1300万部を超える同名人気少女マンガを、山本美月×伊野尾慧のW主演で映画化した『ピーチガール』。5月20日より公開中のこの作品の「大ヒット記念!女子会舞台挨拶」が5月27日に丸の内ピカデリーで行われ、ヒロイン・ももを演じた山本と、もものクラスメイト・沙絵を演じた永野芽郁が登壇した。

山本美月、永野芽郁、『ピーチガール』大ヒット記念!女子会舞台挨拶、その他の写真

この日は観客に、映画大ヒットの感謝の気持ちを込め、山本と永野の2人は“もも型(ハート型)”のピンクのマシュマロのお菓子を配りながら客席を通って登場。女性2人による“女子会”舞台挨拶ということで、「今だから話せるぶっちゃけ話」が展開された。

公式サイトを通じて事前に募った観客のアンケートを元に、「見た目は派手だけど、中身は超ピュア」なももの“最強ピュアシーン”。そして、ももに敵意を燃やして邪魔ばかりする「見た目は天使だけど、中身は悪魔」な沙絵の“最凶極悪シーン”について、それぞれランキング化し、発表。

ももの“最強ピュアシーン”第3位には、カイリ(伊野尾慧)の積極的なアピローチに対してももが 「私の一番になって」とカイリに言うシーン。「こんなこと山本さんに言われたらそりゃあもう!」と興奮気味に話す永野に対し、「私の一番は芽郁ちゃんだよ!」と言い放ち、2人仲良く笑顔ではにかみ合う一幕が見られた。

続いて第2位には、ももが中学の頃から片思いをしているとーじ(真剣佑)と一緒に神社でお参りをするシーン。「とーじのお嫁さんになれますように」と、ももが心の中で祈っているシーンが選ばれた。山本は、本編ではカットされているものの、ももがお参りをしながら手を合わせてスリスリとしていることから、とーじに「ハエ?」と突っ込まれる場面があったと撮影秘話を明かした。

そして第1位に「Lポーズ」と発表されると、会場からも「あぁ〜!」と納得の声が上がる。「Lポーズ」は、カップルになったももととーじが2人だけのヒミツのサインとして、LOVEをもじって親指と人差指でアルファベットの“L”をつくるというもの。劇中、幸せ絶頂のももが授業中にとーじに向かってLポーズをする、そんな可愛らしいシーンが見事第1位に輝いた。

これに永野から「女子友だち4人くらいと、授業中にふざけてクラスメイトの男子に対してウインクをいきなりするみたいなことをやってました」というエピソードが披露され、思わず「沙絵じゃん!(笑)」と山本がツッコミを入れる場面が。劇中で永野が演じていた沙絵と同じく意外な永野の小悪魔っぷりに思わず会場も大爆笑。

また観客に、ももの “最強ピュアシーン”について問いかけると、女性ファンからは、ももが大好きなとーじに誤解されたままわかってもらえず、「とーじにわかってもらえないなら死んだほうがいい」と、命がけで病院の窓から飛び降りようとするシーンが可愛かったとの声が挙がる。山本は「原作にもある名シーンなので、気合を入れてやりました!」と同シーンでの思い出を振り返った。

一方、永野が演じた沙絵の“最凶極悪シーン”については、ももとカイリのキスを隠し撮りした上にインターネット上に流出させた、「キス動画盗撮&流出事件」が第3位に。そのキスシーンを現場で見ていたという永野は、「見ちゃいけないものを見ちゃったという感じでした」と嬉しそうにコメント。

続いて2位に、沙絵の策略によって、沙絵のモデル仲間のジゴローにスタンガンで気絶させられたももが、気を失っている間にラブホテルのベッドで一緒にジゴローと寝ている写真を撮られ、沙絵がその写真をネタに、ももと別れて自分と付き合うようにとーじを脅迫する「とーじ脅迫&略奪事件」が。第1位には、その事件の一連となるもはや犯罪と言える恐ろしすぎる「ももホテル誘拐事件」が選ばれた。

山本が「もうこの通りのランキングですよね(笑)」と切り出すと、永野は「全部最低だと思う。本当にごめんなさい!」と山本に頭を下げて公開謝罪。しかし山本は「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見れないですよ!ありがとうございます!」と振り切って小悪魔女子を演じた永野を讃えていた。