リューベン・オストルンド(Ruben Ostlund) photo : Getty Images

現地時間5月28日(日)に閉幕したカンヌ国際映画祭。最高賞のパルムドールが発表された。

コンペティション部門の最高賞パルムドールに選ばれたのはスウェーデンのリューベン・オストルンド監督の映画『The Square(原題)』。惜しくも日本の河瀬直美監督の『光』の受賞はならなかった。

またキルスティン・ダンスト、ニコール・キッドマン、エル・ファニングが出演した『The Beguiled(原題)』を監督したソフィア・コッポラが監督賞に選ばれた。

ちなみに『The Square(原題)』はモダンアートのキュレーターが企画したユニークな展覧会をめぐって繰り広げられる騒動を、皮肉まじりに描いた不条理劇。観客の間では賛否が分かれていたことから、意外な結果だと雑誌『バラエティ』は報じている。主な受賞結果は以下の通り。受賞作の日本公開を楽しみに待ちたい。

主な受賞結果
パルムドール:『The Square(原題)』リューベン・オストルンド監督
第70回記念賞:ニコール・キッドマン
グランプリ;『BPM (Beats Per Minute)(原題)』ロバン・カンピヨ監督
監督賞:ソフィア・コッポラ(『The Beguiled(原題)』)
男優賞:ホアキン・フェニックス(『You Were Never Really Here(原題)』)
女優賞:ダイアン・クルーガー(『In the Fade(原題)』)
審査員賞:『Loveless(原題)』アンドレイ・ズビャギンツェフ監督
脚本賞(2作):『The Killing of a Sacred Deer(原題)』ヨルゴス・ランティモスとエフティミス・フィリップ
『You Were Never Really Here(原題)』リン・ラムジー

text : Yoko Nagasaka