今回は、男子が感じる女子のめんどくさい言動5つをご紹介します。女子力アピールのためと思ってしていた行動が、実は男子から「めんどくさい」と思われているかも!?
 



1. 同じお誘いやお願いを何度もする


女子からすると「男子に頼るのは、か弱い女の子アピール」というイメージがありますが、何度もしつこく誘われたりお願いをされるのは、か弱いを通り越して“しつこい”になってしまいます。守りたくなる女の子になるためには、男子の心を読む力が重要なのです。

断られた時の正しい対処法は?
一度断られたお誘いやお願いは、同じ言葉を繰り返すだけでも相手に“しつこい”という印象を与えやすくなります。そのため形や言葉を変えて、しつこい印象を与えないように注意しましょう。

2. 用事もないのに電話を頻繁にする


急な用事がある訳でもないのに頻繁に電話をしてくる女子も、男子からすると「めんどくさい」と感じてしまう対象になります。好意を抱いていない相手からの頻繁な電話は「なんで?」と疑問に感じてしまうだけなんです。
電話は女子アピールにとても有効なツールですが、使い方を間違えると簡単にめんどくさい女子認定されてしまうのです。

電話はたまにだから良い
電話を気になる男子へのアピールに使いたい時は、たまになら良いということを覚えておいてください。何とも思っていない女子からでも、たまに来る電話だからこそ男子はドキッとしてしまうものなのです♡

3. 一日に何通もLINEを送る



電話よりも気軽にやりとりができるLINEは、ついついアピールのために送り過ぎてしまうという女子も多いはず。でもLINEはやりとりを楽しむものですよね。相手から返事が来ないからと言って何通も一方的なLINEを送っていると、男子は「返事を催促している」とマイナスイメージを抱いてしまいます。

LINEは返事を待つことが大事
返事を送っていないのにLINEのメッセージが来ると、めんどくさいと感じる人はとても多いです。相手にアピールしたいのであれば、まずは返事を根気強く待つことから始めましょう。

4. オチのない話を延々としゃべる


話下手な女子に多いのが、オチのない話を延々と喋るタイプ。話している方は面白いと思っていても、聞いている方は反応に困ってしまうことがほとんどです。「この話、オチがないんだろうな……」と思いながら話を聞くことも、相手からするとかなりの苦痛になります。ダラダラしゃべりが癖になっている人は、一度自分のトークスキルを見直してみましょう!

トークに自信がないなら、無理して話す必要はなし
自分のトークに自信がないという人は、無理に会話を盛り上げようとするのを止めましょう。話し上手ももちろん好印象を与えますが、男子が好きなのはどちらかというと聞き上手な女子。ダラダラとオチのない話をするよりも、ニコニコしながら話を聞いてくれる女子の方が圧倒的に好印象を与えることができますよ♡

5. 基本的に空気が読めない



どんな場面であったとしても、空気が読めない女子は周りから敬遠されることが多いです。空気が読めない言動をする人が一人いると、他の人はその場のフォローが必要になりますよね。壊れてしまった場の空気を立て直すのはとても大変なことですから、空気が読めない女子の存在はめんどくさいと思われやすいのです。

空気が読めないことを自覚して
空気が読めない女子のほとんどは、自分が空気を読めないと思われていることに気付いていません。でも、そのままだと自分を変えることはできませんよね。
空気が読めない女子は、まず自分が空気を読めないことを自覚することが何よりも重要。親しい友人に聞くなどして、自分の空気を読む力を正しく把握してください。
例えば受け答えの仕方、どんな風に質問をするのがスムーズなのかなどしっかり見極めることが大事です。

気になる男子に一度でも「めんどくさい」と思われてしまったら、そこからの印象アップはかなり難しいと言えます。めんどくさいと思われる女子の特徴をしっかりつかんで、マイナス印象を与えないように気を付けたいですね!
(Yuzuko)