社員旅行で韓国を訪れた中国人(写真はイメージ) YONHAP NEWS/AFLO

写真拡大

 韓国のシンクタンク「峨山政策研究院」が今年3月下旬に発表した調査では、韓国人の「嫌いな国」で中国が日本を抜いて2位に浮上した(1位は北朝鮮)。最大の理由は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する中国の“経済報復”への反発である。

 ただし、韓国人の「嫌中」は今に始まったことではない。

 目立つのは海域トラブルだ。違法操業する中国漁船と韓国当局は過去に何度も衝突し、2211年12月には取り締まり中の韓国海洋警察官が中国漁船長に刺されて死亡。2016年11月には韓国の海洋警察が違法操業する中国漁船の舳先に機関銃600発を発砲した。海洋で衝突が起こるたびに中韓関係は悪化している。

 THAAD(高高度防衛ミサイル)を巡る中国の報復後、韓国は朝鮮半島西部沖の取り締まりを強化しており、両国の緊張はにわかに高まっている。韓国の海洋警察官を家族に持つ韓国人が憤る。

「これからワタリガニの旬で中国漁船の違法操業が増えるので不安です。彼らは韓国側の警告を無視して、ツルハシや竹槍を武器にして激しく抵抗する。韓国政府は取り締まりを強化したというけど、もっと強硬に中国人を制圧すべきです」

 韓国が実効支配を宣言する黄海の暗礁「離於島」も火種のひとつだ。韓国は1990年代、暗礁に海洋調査施設を建設したが、これに反発する中国は近年、空母・遼寧や無人機で黄海を監視し威嚇を続けている。今年1月には離於島付近の上空に中国空軍機が侵入し、韓国空軍の戦闘機がスクランブル発進した。

 こうした中国の強硬姿勢に呆れるのは韓国人の大学教授だ。

「日本とも独島をめぐる議論があるが、少なくとも日本側は学術的な資料などを示して領有権を主張する。だが中国は軍事力を背景に“力による現状変更”を迫ってくるので厄介だ」

 昨今の北朝鮮の“暴走”について、北の最大の支援国である中国を責める声もある。

「金正恩の暴走は中国が招いたと言ってもよい。習近平はでかい顔をしているが、北を諫めることもできない腰抜けだ。北に毅然とした態度をとる日本のほうが信頼できる」(北緯38度線に近い坡州市民)

※SAPIO2017年6月号