中距離弾道ミサイル・ノドンの発射場面(労働新聞)

写真拡大

北朝鮮は29日早朝、弾道ミサイルと推定される発射体を東海岸の元山(ウォンサン)一帯から日本海に向けて発射した。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

防衛省は、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水する可能性があるとしている。

(参考記事:米軍の「先制攻撃」を予言!? 金正恩氏が恐れる「影のCIA」報告書