今、AI搭載のスマートスピーカーが話題だ。欧米で一大ブームとなっているなか、いよいよ日本にも上陸の兆しが見えてきた。

先行するAmazon Echoに加え、Google Home、LINE WAVEなど、各社から日本での製品リリースが予定され、注目を集めている。

スマートスピーカーが注目されるのは、単に音声制御できるスピーカーということではなく、多数の家電と繋がることでホームコントローラーのハブとして機能するからである。

音声によって家電をコントロールできるその体験は、一度味わうと二度と戻れないほどにインパクトがあり、快適なものだという。ITリテラシーの高低をさほど問わない自然言語による音声制御は、老若男女が使うことになるであろうスマートホームのコントローラーとしてはうってつけと言えそうだ。

そんな将来を見据えてか、この度、住宅に特化したITサービス開発を行うSOUSEIと、セットトップボックス(STB)開発に実績のあるグルーバは、Amazon Echoに搭載されている人工知能Amazon Alexaに対応した住宅用OSの開発に向けて業務提携することを発表した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

両者が提携して実現を目指すものとは

SOUSEIは従来からマイホームアプリ「knot」を提供している。これは、家を建てるところから家族で生活を送るところまで、あらゆる情報を一元的に管理できるアプリ。

マイホーム建築のためのマネープラン、契約書、図面や、保険、母子手帳(※)、マイカー情報(※)、住宅周辺のタウン情報など、様々な情報の管理・取得ができる。(※は対応予定の機能)

今回の提携により実現を目指すのが、「knot」のインフラに対して導入・設定が容易な住宅用OSを備えるデバイス「v-ex」の開発だ。

「v-ex」はHDMIでTVと接続し、様々なアプリケーションのプラットフォームを構築できるOS機能を備えたSTB。Amazon Alexaに対応することで、住宅内に設置したAmazon Echoを利用して音声による家電の制御・情報の取得などが可能となる。

今後、「knot」と連携し、情報管理・くらしの情報管理・各種IoT制御・センシングなどのサービスをワンストップで提供することを目指すという。

スマートホームOSの必要性とは

SOUSEIによれば、これまで住宅業界は設備や建材というハード面での価値向上を行ってきた。しかし、家に対するソリューションや建材以外での新たな付加機能に対するニーズが多様化しており、特に一時取得者層にとっては、より安価で機能性の高いサービスを住宅に備えたいというニーズが高まっているという。

そうした状況を背景に、住宅関連IT分野でIoTデバイスやHEMSの開発、施主向けマイホームアプリ開発の実績を生かして、開発に取り組む。

また、「v-ex」対応のIoTデバイスやセンシングデバイスの開発も行っていき、いずれは住宅ITのプラットフォームを構築する予定だ。

IoTデバイスが住宅に浸透していくにつれ、それらをシステムとして制御するためのOSが必要になるのは自然な流れと言えるだろう。そのシステムのハブやインターフェースとして、AI搭載スマートスピーカーの果たす役割はとても重要なものになりそうだ。

筆者:Fumiaki Ogawa (IoT Today)